2016.08.23 Tuesday 09:31

紫支部句会紹介

「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。

今回は番外編として「通信句会」をご紹介します。

**********************************
紫通信句会

 

 「紫通信句会」は郵送による句会です。

指導は山十生主宰。

現在の参加者はおよそ20名ほどです。

 

通信ですので、参加者同士が実際に顔を合わせることはありませんが、

どこの誰かは存じ上げなくても、作品を通してお人柄がしのばれたり、

人となりや年齢などを思いやるのも、他にはない妙味かも知れません。

 

作品を郵送すると、その後作品集が送られてきますので、

各自選句を行います。

参加者の得票を一番集めた句には「高得点賞」が贈られます。

 

作品には全句、主宰の短評が頂けます。

短いながらも的を射た評は、自身の句はもちろん、

他の評を読むことで大変よい勉強になります。

主宰の特選2句にも「特選賞」が贈られます。

 

遠方の方、お出掛けの難しい方、

句会と時間や日程が合わない方はもちろん、

じっくり選句に向かい合いたい方にもおすすめの句会です。

 

どなたでもご参加いただけますので、

ご興味がございましたら是非一度投句なさってみませんか。

 

締切 毎月10日(10日が休日・祝祭日の場合は翌日)

作品 5句郵送(自由参加の兼題あり)

選句 8句選 うち特選一句 (返信用はがきにて返信)

会費 1000円

 

今月の作品から

 

そのことに触れず浴衣の衿正す    一美

行く道は帰らない道鉦叩       則子

きっかけになるかも知れぬ揚花火   ふじ子

朝顔の蔓にまだあるこころざし    ふさ江

月光の体の窪みまで届く       弘恵

剥き出しの愛は壊れていく香水    友光

寿命分鳴き切る如し蝉時雨      利弘

苺喰ふ少年の指恥らへり       麻奈

分別のこだわりを捨てシャボン玉   節子

ギンヤンマ急がば回れ田圃道     空間

孤独なる夏の渚の靴の跡       初音

乳呑児の多き肌着や夏深む      u洋子

涼風のいたずらっぽく吹き抜けし   信治

山頂の心地よき風蝉時雨       照子

胸はって歩くと気分いい炎天     宣代

もてなしはブルーベリーを好きなだけ o洋子

ゼロになるために飛び出す花火かな  育子

形見分け軍隊手帳の文字小さし    志津子

狂ほしき闇の広がり青鬼灯      登美子

青臭さこそ本分のトマトかな     喜久

翡翠や水面も時も止めしまま     明未

 

雲


2016.07.26 Tuesday 12:51

紫支部句会紹介

「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。

今回はその中の「しらゆり俳句会」をご紹介します。

**********************************
しらゆり俳句会

 

 

日時:毎月第4木曜日13時半~16時

 

場所: 株式会社和敬 川口ホール

 

住所:埼玉県川口市上青木西4丁目1510

 

最寄駅: JR蕨駅・西川口駅・埼玉高速鉄道新井宿駅より、

     国際興業バス乗車 「上青木北西公園バス停」下車西へ徒歩1

 

会費:1000

 

「しらゆり俳句会」は今年発足したばかりの、

「紫」の支部句会の中では一番新しい句会です。

 

地元の会社「株式会社和敬」さんのホールをお借りして開催しております。

人数は10名ほどです。

各自自由題で3句を提出。

会場に着いてから漢字一文字を席題として先生からいただき句を作ります。

 

和敬の社員さんも参加しての句会で、

「毎回勉強になります」との声をいただいております。

どなたでも参加自由ですのでぜひご参加ください。

 

【俳句】

 

  • 筋書きの通り滴り浄土かな      十生
  • 暗闇を彫啄しつつ翔ぶ蛍       葦
  • 天空より光る一筋蜘蛛の糸      みさを
  • 素朴なる一筋の美し薄衣       千鶴
  • 今年竹筋トレ脳トレ始めけり     壽子
  • 無関係なのに藪蚊が付いてくる    都
  • 目標はオールマイティー雲の峰    徳美
  • 梅雨の中レインコートではしゃぎおり 幸
  • 姿見や昔はよかった海びらき     昂志
  • 白玉ののどごし銀座の雨上がり    かよ


 


2016.06.21 Tuesday 10:43

紫支部句会紹介

「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「東京むらさき」をご紹介します。

**********************************
東京むらさきの会(平成28年6月1日現在)
 
定例句会日時:原則、毎月第4土曜日午後1:30〜4:00

開催会場  :東京都台東区立社会教育センター、
       3階会議室または和室

    住所:台東区東上野6−16−8
    電話:03−3842−5352
    最寄駅:東京メトロ銀座線、稲荷町駅下車徒歩約5分

会員数   :10名。年齢層は、70歳代がほとんどで、
       最高齢者は90歳。

       男性会員は現在1名のみ。
      (体調不良等で毎回の欠席者も多く、

       出席率は60パーセントほど。新規会員募集中)

会費    :毎月1000円、3か月分(3000円)前納。

句会のやり方:若林波留美先生ご指導のもと、
       毎回各自7句を用意(欠
席投句も可)し、
       各自他者の句7句から各1句ずつを優秀
句として選び、
       選句理由を簡単に披露する。
       若林波留美先
生は、2句ずつを選び、講評を行う。

 毎回茶菓子を飲食しながら、会員同士姓名の「名」(俳号を含む)を「さん」付けで呼びあい、和気あいあいとやっております。

作品:(平成28年5月28日土曜日に行われた5月の定例句会の句、1名1句(欠席投句を含む)ずつを下記します。
 
 ****************************  


   作り滝音さだまらず暮れにけり     晶
   白無垢をさみどりに染め薫風裡     薫
   柿若葉サラブレッドの光る尻      元繁
   喪の家のようやく入れる若葉風     登代子
   信じることの喜び怖さ蜘蛛の糸     友光
   新茶の香乙女は碗を捧げ持つ      佐和
   鰓ぎわの黄の鮮やぎて鮎遡る      波留美


柿若葉
 

2016.05.20 Friday 15:39

紫支部句会紹介

   「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「むらさき西句会」をご紹介します。

**********************************
「むらさき西会」

「紫」の支部句会の中でも歴史のある句会で、結成以来55年を超える。

日時 毎月第4日曜日 午前9時〜12時

会場 川口市立西公民館 (JR川口駅 西口 徒歩5分)

講師 山十生先生

会費 1000円

出句 自由題3句 席題2句 8句選

会長 依田壽子


作品抄

花筏列を正しく崩しけり      山十生
花筏もがき足掻きは常のこと    土田淳孝
戦争と平和について花筏      依田壽子
生くるは競ふことなり今年竹    大滝徳美
ここからが果てなき流転花筏    鈴木千鶴
放浪の初めはひとり花筏      小林多美子
のどかさや天命知るも先は先    渋谷芳夫
花震ふ螺旋階段果ての空      金井英一
白椿白をつくして人逝けり     羽根田ふく子
藤棚のもみあう蘂に微光あり    松田俊紀
遠回りいつもの桜見に行こう    名久井久子
耳澄ます万物が吸ふ春の精     神野勝彦
強風に花弁どこまで舞ひ上がる   伊藤孝次

花筏
 

2016.04.19 Tuesday 13:17

紫支部句会紹介

   「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「句遊会」をご紹介します。
**********************************
「句遊会」
日時  月1回 第4木曜 午後1時半から
会場  さいたま市南区 市立善前公民館
講師  「紫」副主宰 鈴木紀子先生
会費  1回千円
会員数 3月現在で10名+講師
年齢層 40,50,60,70,80代の会員です
男女比 男性4名 女性6名
句会  当季雑詠で5句持参(記名)
    会員は各人の5句のうちから2句を選び、うち1句評
    講師は3句選・3句評 うち1句に二重丸
雰囲気 一人一人の句評を各自がするので、
    会での存在感が持て、
    誰もが聞き耳を立てている。
    お茶・茶菓子が出ます。
活動  秋の文化祭での作品展示(善前公民館)
    2年ごと春には南公民館グループの合同作品展示(文化センター展示室)
    花見吟行(吟行〜会食〜句会)
「昨日今年の『花見吟行』を行いました。今回は91才の男性の初参加がありました。みなさんのご参加をお待ちしています。」
作品
網膜の熱奪ひ行く花の冷え         紀子
「サクラ咲く」ニュースはまだかまだなのか 貴子
震えつつ蕾見てのち花見膳         万知
紅梅に何かさわがし子等の群        ちか子
ちらほらと俳句のために咲く桜       千佳子
咲き満ちる前のしづけさ初桜        たか志
幹直(じか)に開花する意気愛でにけり   恒雄
人の世に似て早ざくら遅ざくら       則子
幹太し桜の膚は苦労肌           頓珍漢
大好きな物から食す花見膳         空間
花の径をめぐりめぐり合ふ足跡       洋子
(洋子・記)
さくら

2016.03.08 Tuesday 14:17

紫支部句会紹介

  「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「月光の会」をご紹介します。

**********************************
「月光の会」

日時 毎月第4水曜日 午前9時より
会場 川口駅西口前 リリア11階

「紫」主宰・山十生先生を講師に
日溜まりに寄り添う福寿草のごとく
持ち寄りの各十句の添削指導に
れぞれの意見を交換し
時に脱線もあり
わいわいがやがや
全員女性ばかりの気軽な俳句教室です

興味のある方 
老若男女を問いません
入会心よりお待ちしております


作品

凍蝶のいかなる星の咎ならむ    有子
飛砂が足打ちたる浜の寒落暉    ネ豊子
花と濠文句なしのシチュエーション 絹子
ふしくれた女の子無口に牡蠣をむく 弘子
鬼怒川の空しらじらととんび舞ふ  泰子
秋晴れや放物線のすべり台     順子

福寿草
phot by H


2016.02.19 Friday 13:04

紫支部句会紹介

 「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「虹の句会」をご紹介します。

**********************************

「虹の会」の紹介

 鈴木紀子「紫」副主宰のご指導により、毎月第3日曜日の1時から4時までの3時間の句会を開催しています。投句は5句を原則としますが、7句程度まで出すこともOKです。会場は、東武スカイツリーラインの北越谷駅から徒歩5分程度の北越谷公民館です。現在の会員は8名ですので、自由闊達な句評やユニークな発想の意見もあり、和気あいあいの雰囲気です。
 男性が3名、女性が5名の構成です。句会がお開きのあとは居酒屋へ繰り出します。鍋を囲んでは、世間喋しが沸騰。2時間があっという間で外は暗くなっています。
 そして句会とは別に、荒川堤でのお花見・忘年会・一泊旅行などを企画して、『まだまだ青春』を謳歌しています。
 ゲスト参加や新会員を歓迎します。甘党ならば大歓迎します。ゲスト参加の場合はお電話を。(お菓子を人数分揃えます)  以上・のぼる記

最近の句会から

古傷に順番のあり寒の水       紀子
鮟鱇の闇といふ字に似た笑顔     昌一郎
雪催変幻自在の微生物        幸彦
蠢くもの呼び出すちから沈丁花    浮葉
辛夷の芽白いマニキュア塗りました  寿江
刻々と石となりゆく鏡餅       穏子
成せば成る氷柱が言っているようだ  澄子
冬うらら五臓六腑がジャンプする   のぼる

なべ

2016.01.26 Tuesday 09:11

紫支部句会紹介

 「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「めぶき句会」をご紹介します。

**********************************
 毎月第3土曜日、午後1時より大宮区の桜木町公民館を拠点とし活動致しております。
 講師には「紫」副主宰の鈴木紀子先生をお迎えして、総勢12名の句会です。近年は公民館の利用団体が多く、3回に1度は抽選にはずれ、会場探しが大変です。
 「めぶき句会」は先生をはじめ「紫」の会員5人と、会員になろうかなと迷っている6人とで12名、平均年齢は70代くらい、女性ばかりの句会です。中には卒寿を迎えられながらも毎回投句を欠かさぬ方もおられ頭が下がります。お手本にしています。
 「紫」に未加入の6名はご指導いただいていた先生を二度にわたり失いました。しかしながら俳句への情熱は冷めやらず、ご縁があって「めぶき句会」へ合流し、現在3年目を迎えたところです。
 毎回質問も多く、充分に討論されて楽しい句座であると自負しています。
 いつでもゲストの参加を歓迎致します。遠慮なくお出掛けいただきたいものです。


最近の「めぶき句会」より

白地図の中をめぐりし風邪心地    紀子
晩秋や原節子の独壇場        登代子
数へ日や方向転換してをりぬ     加津子
語れないものを抱える冬の月     治子
推敲の余地ありおでん鍋つつく    晴美
友の忌の箸のかるくなる菊膾     教子
枯れてなほ菊の矜恃を留めをり    ゑみ子
アンテナを張り巡らせり年用意    君江
疑問符をころがしながら年送る    充恵
毛糸編む夢おいかけてをりにけり   利子
腑に落ちぬ話こだわる水中花     郁代
正念場真っ只中の冬木立       澄子


障子あかり


2015.12.25 Friday 10:03

紫支部句会紹介

    「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「ミューズ」をご紹介します。

**********************************
例会日 毎月第3土曜日 午後1時から4時半
会場  川口市立栄町公民館 (JR川口駅東口徒歩5分)
作品  兼題4句 席題1句
会費  1000円

☆参加者は支部の句会としては多い方だと思いますが、遠くからは茅ヶ崎や江戸川区からの参加者もいます。初心者からベテランまで和やかな句会で、主宰が全句について批評をされるのが特徴です。

☆最近の作品から
眼よりマスクがものを言ひしかな   十生
かなしみとまでは至らず日向ぼこ   有子
お揃ひも不揃ひもあり隙間貼る    順
おでん鍋好みの似てる向かひ客    たまき
放心のかたちであろう冬木立     せつ
衰退も成長のうち冬木の芽      笑子
病むことも生きてる証実南天     かほる
あるがまま己を曝す寒椿       慶子
バイタリティー溢る受け腰枯蓮    徳美
極上の主役となる日蔦紅葉      洋子
不器用を器用に生きる枯蓮      みずほ
七人の席にななつのマスクかな    祐子
自由には孤独もありぬ風邪薬     さち子
風邪師走寝違えの首曲げたまま    志津子
歓声は煌めきの色襟立てる      成美
マスクしてくぐもる声の道を問ふ   フサ子
移ろへる水に映りし冬桜       とし子

DSCN4836.JPG










2015.11.24 Tuesday 09:40

紫支部句会紹介

   「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「紫苑の会」をご紹介します。

**********************************
紫苑の会だより

 「紫苑の会」は発足して早15年。現在10名の仲間と月1回、句会と言うより勉強会として鈴木紀子・紫副主宰のご指導を受けています。
 各自短冊5句を持ち寄り、その中から7句を選句。前半は各自集中しているため、静寂の時。披講のあとは、意見交換や先生の講評等があり、参加者は一度は発言するように心がけています。いつも多忙、多彩な仲間たち。
 俳句という魔術にかかって「紫苑の会」に集まっています。


紫苑の会11月作品

失言のほろほろ零余子こぼれけり   紀子
悠悠と老いと伺ひし石蕗の花     公子
塩っぱくも酸っぱくもない文化の日  千恵子
荒屋は居留守の気配月夜茸      明子
新米の少し多目に盛りつける     寿江
山気満つ地酒すっきり秋灯      陽子
八億の飢えし民あり冬の虫      佳代
山梔子の実の輝ける坂の上      博子
背ナにある晩秋の陽よ微睡みぬ    悦子
晩秋や二胡の音色に癒さるる     洋子


紫苑の会



<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.