2019.11.11 Monday 12:30

第50回埼玉文学賞 受賞作品 

第50回埼玉文学賞 

彩の国・埼玉りそな銀行第50回埼玉文学賞が決定しました。

俳句部門は応募104点、準賞2点が選ばれました。

 

準賞 「雨の中」伊藤恭子

   「歩かねば」渡辺智恵

 

佳作 「柱」浅野都

   「耕」島田禎二

   「大滝の森」金子和美

   「冬木の芽」須田真弓

 

準賞受賞作品

歩かねば    渡辺智恵

 

土埃なかなか去らぬ暑さかな

炎帝と違ふ尺度で生きてゐる

向き合へる暑さ向き合へない暑さ

日除けして息をひそめてゐたりけり

分かれたきレールもあらう日の盛り

戦争をしたい人ゐる油照

向日葵が溶けてバターになりさうな

夕立のすぐに乾くや閻魔堂

いつまでも追いかけて来る蝉時雨

積めるだけ人詰め込まれ冷房車

溽暑なり遠い記憶の鰓呼吸

片陰を出で行列のなほ続く

蝙蝠や三百頭の牛眠る

鎮まらぬものに水打つのがやつと

風鈴の炎を思い出すことも

熱帯夜ダリの時計が垂れ下がる

言ひさして言はずにおけり心太

空蝉の殻を破るは一度きり

暑さにも水晶ほどの純度あり

歩かねば風死せるまま歩かねば

 

 

雨の中     伊藤恭子

 

御降りのあとかたのなく雀来る

寒卵素直に割れて雨上がる

野を横に雨の走りて蕗の薹

椿落つ雨三日目の石畳

茶碗蒸しの底の銀杏春時雨

利休忌や夜に入りても止まぬ雨

降りはなの雨なら濡れて桃の花

初桜昨夜の雨の雫かな

雨こまやかに薔薇園の鉄扉かな

小刀で削る鉛筆傘雨の忌

アイロンに当て布梅雨の家広し

永遠に止まぬ雨かも太宰の忌

中庭を濡らす雨見て泥鰌鍋

シーサイドホテル裏口半夏雨

雨だれの百会に四万六千日

八分目折れ鶏頭が雨の中

荒物屋米屋呉服屋秋黴雨

河原の石より濡れて秋深む

柳葉魚焼く火を宥めたり冬の雨

目薬の後のまばたき霙降る

 

その他の部門作品

 


2018.11.19 Monday 18:32

第49回埼玉文学賞 受賞作品 

第49回埼玉文学賞 

俳句部門 準賞受賞作品

 

風の歌   森 壽賀子

 

全山の霊を従へ風光る

春風に乗って少年鳥になる

東風吹かばヨガのポーズをゆっくりと

比良八荒だあれもいない波の上

たんぽぽの旅立つための風になる

今生はまだまだ助走若葉風

浮き沈みする定めなり山背吹く

煩悩を洗ひ流しぬ青田風

茅花流し抱へきれない古墳かな

英霊の声が届けと南風

非常口に入りきれない青嵐

颱風の眼の中こそは浄土かな

オムレツがうまいと思ふ秋の風

踏み切りを渡りきれない白い風

風をみるために芒となりしかな

その先の空気が読めぬすきま風

北風に磨きぬかれし森である

すさまじき神の声かな虎落笛

産土は遠き道のり雪しまき

 

 

秩父朱夏(抄) 須田真弓

 

武甲嶺を大きく据ゑて豆の花

機織の糸を正して麦は穂に

巡礼の鈴の音消して梅雨出水

笈摺を置きてこの世の心太

動脈のやうな稜線夏深し

 


2018.01.05 Friday 09:38

第39回星雲賞

 今年で39回目を数える星雲賞は、同人・会員の区別なく、

純粋に応募された作品15句の競詠による「紫」の俳句賞です。

今回は41編の応募がありました。

作品は事前にすべて清記し直されるため、

選考に臨む主宰・副主宰も選考会議が終わるまで

作者が明かされることはなく、公平厳正な審査がおこなわれます。

 

結果は以下の通りです。

 

星雲賞  「水声」      伊藤伯子

 

優秀賞  「月光浴」     藤澤晴美

     「後ろ盾」     浅野都

     「ソプラノ」    岡嶋澄子

     「記憶」      後藤宣代

 

第39回星雲賞受賞作品

「水声」     伊藤伯子

 

若葉風とほる一部屋だけの家

蔓薔薇の隙間にひとり暮らしをり

ひとり分まだ濡れてゐるプールサイド

寝不足の朝に増えたる熱帯魚

新しき箸に手強きところてん

河童忌の廃材はみな湿つてる

水平にこだはつてゐる夏帽子

廃材の太き尖りや夜の秋

湯をそそぐだけの夕食夏の果て

新涼の上半身は反つてをり

物差しのかたへに残る暑さかな

かなかなや私が降りて空のバス

水声につながつてゐる草の花

芒原しばらく息を止めてみる

買ふ水の種類とりどり流れ星

 

 

 

 


2017.11.29 Wednesday 20:44

第48回埼玉文学賞 受賞作品 

第48回埼玉文学賞 

俳句部門 準賞受賞作品

風のひとひら

山崎加津子

風鈴になるまで風鈴聞いてをり

迷ふのはいつも書き出し葛の花

新涼やがんばらなくていい時計

秋が来るらしい二列に並びませう

天高し東京を出るはかりごと

ひとひらの風になりたる秋桜

雁渡し水輪のびのびのびのびと

風力3何になりたい赤とんぼ

踵からしつかり歩く水の秋

天気図に白いコスモス押し寄せる

水平線みえる城山いわし雲

海からの風のもつれを梳く芒

観音の思はれづかれ萩の風

水よりも淡き血縁秋黴雨

癖のあるひらがな釣瓶落しかな

列車来るまでは秋思と戯れり

さやうなら月を待たせてをりまして

星月夜足裏掬はれさうになる

少し手を伸ばして届く天の川

白桃の産毛さはさは砂時計

 

手毬唄

山本菫

探梅の帰りの無口はなやげる

靴下であがる茶房の立雛

鳥の胸しなひて桜また散らす

髪切つて麦秋の畦ひとまたぎ

螢火にゆび触れてより闇荒ぶ

灯点りて達者に替はる祭笛

行々子もう引つ込みのつかぬ声

いつよりの森番なるか蛇苺

蝲蛄を見る児こぶしを握りたる

瞬かぬ惑星あまた夜干梅

カステラの舌にざらつく法師蝉

勾玉に甘撚りの紐秋はじめ

号令で日暮れ来さうな大花野

秋蝶の谷戸深ければ朽葉色

穂芒に手招きさるる覚えなく

夕空は椋鳥の意のまま発車ベル

他愛なく夜に沈めり青蜜柑

水といふ水に青空冬雲雀

花柊香るは影にならぬため

長屋門聞きたきものに手毬唄

 

 


2017.10.18 Wednesday 14:12

更新しました

更新しました

 

川口句会(2017.10.3)

さいたま句会(2017.10.17)分、内容一部更新しました。


2017.05.03 Wednesday 13:19

第56回埼玉俳句賞

第56回埼玉俳句賞

 

準賞受賞作品

 

眠るまで    金子和美

 

ぽつねんと月に征服されてをり

泣き黒子ちひさく印す夜長かな

満月の押し上げられて重さうな

月夜茸指先に息吹きかけて

月しづく見ぬちの海の深くまで

追伸を書けば望月なりしかな

相槌を打つそれだけの十三夜

月の雨直せぬ癖のふたつみつ

空っぽになったら眠る耕畝忌

小豆煮る天体図鑑ひらきつつ

 

月

 

 


2016.11.15 Tuesday 16:43

紫さいたま句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。


次回のさいたま句会は12月10日(土)の予定です。


山崎十生主宰選

天 埼玉の川の面積天高し         まさる
地 凝(こご)らせば血潮はみどり冬立ちぬ    波留美
人 澄めぬ水あらがってなどゐないのに   徳美     


鈴木紀子副主宰選

天 八百万の神のひとつの木の実かな    十生
地 枯れしもの踏めば何やら表沙汰     伯子



若林波留美副主宰選

天 秋高しひとりぼっちをひとりじめ    摩耶
地 余生など千変万化霜柱         壽賀子
 


(さいたま句会 2016.11.12)

 

荒川

 

 


2016.11.04 Friday 07:39

第47回埼玉文学賞 受賞作品 

第47回埼玉文学賞 俳句部門

 

正賞受賞作品

「おはじき」    久下晴美

 

おはじきの青を弾きし白露かな

台風接近あさから肉を食べてゐる

惣菜の並ぶデパ地下秋めけり

全身の穴塞ぎをり震災忌

投函を忘れし便りきりぎりす

烏瓜嘘をつくには遅すぎる

ほんたうの自分がゐない棗の実

栗の毬踏んでそこそこ元気なり

ふたつ三つ捥いでいいでしょ青蜜柑

失速の金木犀をたなごころ

目を閉ぢてゐても明るし芒原

萩揺るる程よい疲れ廻りをり

芋の露這ひ蹲りし昭和かな

霧襖ことば足したき広辞苑

からだごと曲るカーブや青芒

集落は谷底にあり鰯雲

白日の湖へ迫り出す櫨紅葉

神無月叩いて渡る太鼓橋

おはじきの吸ひ付く指や雁の空

銀杏黄葉雲をどんどん押し上げよ

 

芒

 

 

 

 

 

 


2016.10.31 Monday 16:36

第47回埼玉文学賞決定

2016年10月25日(火)、

「彩の国・埼玉りそな銀行第47回埼玉文学賞」が発表され、

俳句部門では「紫」山紫集同人・久下晴美さんが正賞を受賞されました。

 

今回俳句部門では前年と同数の53編の応募がありました。

授賞式は11月7日、さいたま市の「ブリランテ武蔵野」で

埼玉県知事、埼玉りそな銀行社長等来賓を招いて行われます。

他に「紫」の渡辺智恵さん・早乙女文子さんも佳作に選ばれました。

 

みなさんおめでとうございます。

 

受賞作品

正賞 「おはじき」  久下晴美

佳作 「だまし絵」  渡辺智恵

   「はんなりと」 龍野宏

   「風紋」    早乙女文子 

 

紫陽花

 

*「紫」のみなさんの受賞作品は後日

 俳句スパイスに掲載予定です。おたのしみに。


2016.03.24 Thursday 19:14

第13回埼玉県現代俳句大賞 受賞作品 4

 第13回埼玉県現代俳句大賞・優秀賞受賞作品

「枯山水」       藤澤晴美
禅寺の玄関に立つ夜夜の月
こんこんと秋湛へたる枯山水
心とは重きものなり萩の風
木の実落つ星に匂ひのありにけり
秋あかね時の流れに負けぬもの
息切らし真直に行くや曼珠沙華 
迷ひつつ流離ひながら鰯雲
秋高し前に倣えの指の先
呼び声を紡いでゐたる芒原
空っぽに何を容るるか星月夜
己こそ赦すべきなり大花野
完璧がころがってゐる草紅葉
鬼の子の一人ぼつちの探し物
穭穂の中の幾つか人嫌ひ
救ふとは救はれること虫すだく
枯山水
photo by Harumi F

<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.