2020.09.25 Friday 14:47

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

 

*今月は通信句会でした。

 

主宰作品

余生とは遠くて近し草の花     十生


山崎十生主宰選

天 雁渡しよどみなく血の廻りをり  晴美(k) 
地 稲光まさかこの手をつかふとは  宣代
人 真上から見つめる柩夜長し    晴美(k)

 

秀逸

  迷宮の広がりやまぬ花野かな   壽賀子

  八月の終わり終わらぬものがある まさる

  くるぶしのあたりに浮力秋高し  加津子

 

渡辺まさる編集長選

天 美ヶ原も雨です松虫草      ときみ 

地 流れ星ふたの内側濡れてゐる   伯子

 

鈴木紀子参与選

天 無花果のかろうじてまだ秘密主義 順子

地 くるぶしのあたりに浮力秋高し  加津子

 

2020年9月(通信句会)

 

お問合せ:「紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.09.18 Friday 14:46

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
 

今月は通信句会でした。

来月も通信句会を予定しています。

締切 9月7日(月)


山十生主宰作品

百日紅基本的には空である     十生 


山崎十生主宰選

 

天 ふたりとはひとりとひとり夜長し  智恵

地 立ち位置の未だ決まらぬ猫じゃらし 珠江

人 攻めるかと思えば離る露の玉    みね子

 

秀逸

お疲れ様たった一言草の花      淑子

水の秋裏を返せばひとりぼち     智恵

二百十日薬味の葱のつながって    紀子

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 長月の少し気まずい腕かな    晴美

地 霧深しコントラバスの弓の反り  蓉

 

鈴木紀子参与選

 

天 百日紅基本的には空である    十生

地 何らかの警鐘である鶏頭花    都

 

(川口句会 2020.9.7通信句会)

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.08.21 Friday 16:06

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

 

*今月は通信句会でした。

 来月も通信句会の予定です。

 

主宰作品

雲を狩る伸るか反るかのつばめ魚  十生


山崎十生主宰選

天 まだ見ない正面がある曼珠沙華  順子 
地 蝉しぐれ付和雷同といふなかれ  都詩
人 むぎゅむぎゅと水着へからだ押し込みぬ 宣代

 

秀逸

  きのふとは違ふ日常水中花    晴美(K)

  ヒロシマ忌いつも私の誕生日   ときみ

  汗たちよ額通行禁止です     ゆふ

 

渡辺まさる編集長選

天 むぎゅむぎゅと水着へからだ押し込みぬ 宣代 

地 八月や鋏を持っていないぼく   和美

 

鈴木紀子参与選

天 八月や声にならない声あふれ   壽賀子

地 追伸の一行夏帽子ひらひら    加津子

 

2020年8月8日(通信句会)

お問合せ:「紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.08.17 Monday 11:04

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
 

今月は通信句会でした。

来月も通信句会を予定しています。

締切 9月7日(月)


山十生主宰作品

ぎざぎざは段段と書く原爆忌     十生 


山崎十生主宰選

 

天 秋天は洗ひざらしの窓である   千鶴

地 香水は見えない足枷に変わる   摩耶

人 握りしめるものがない噴水のてっぺん 壽賀子

 

秀逸

シンプルなものほど深い雲の峰    節子

これまでかこれからなのか揚花火   一美

八月の雲は黙ったままである     まさる

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 子どもにも固い桃にもある言い分 摩耶

地 ふむふむと目が笑ってる心太   邦子

 

鈴木紀子参与選

 

天 パンのみに生きた訳ではない桔梗 壽子

地 自らを信じ切ってる水鉄砲    みね子

 

(川口句会 2020.8.7通信句会)

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.07.17 Friday 07:10

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

*次回は8月8日(土)予定

 

主宰作品

濁流に抗ふ術のなき郭公  十生


山崎十生主宰選

天 グッピーに際疾い話聞かせをり  伯子 
地 黙ってはゐても会話や夕涼み   智恵
人 夜のプール僕の鼓動はぼくのもの 和美

 

秀逸

  ソーダ水少し伸びた爪が好き   摩耶

  手を洗ふ固形石鹸原爆忌     都詩

  みづうみは静かなひかり青時雨  智恵

 

渡辺まさる編集長選

天 羅や肉声知らぬままがよい   友光 

地 本当は謝ってゐる蟻地獄    珠江

 

鈴木紀子参与選

天 尾を持って生まれた記憶夏落葉  和美

地 ふところは深い方です木下闇   澄子

 

2020年7月11日

 

 

お問合せ:

紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.07.10 Friday 16:08

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
 

次回は8月2日(日)を予定しています。

 


山十生主宰作品

仲違いひ止まぬ姉妹や夜盗虫     十生 


山崎十生主宰選

 

天 樹から気を取り込んでゐる滝の音 都

地 ブランドの看護服着て汗をかく  麻奈

人 この先もポーカーフェイス汗拭ふ 珠江

 

秀逸

日傘かしげケバブマシンを眺めをり  葦

備ふるも攻めの一手や夜の新樹    智恵

バランスを黙で保つか水中花     みずほ

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 あの日から姫女苑が覗いてる   晴美

地 ががんぼや蘊蓄と滔滔と続く   和美

 

鈴木紀子参与選

 

天 沸点は個人差のあるかき氷    珠江

地 かたつむりの中に太古の海がある 千鶴

 

(川口句会 2020.7.5)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.06.22 Monday 12:27

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

*次回は7月11日(土)予定

 

山十生主宰作品

絶妙の穴といふべき泉かな  十生


山崎十生主宰選

天 いま夫婦いつまで夫婦走馬燈  美智子 
地 言い知れぬ不安じっとり汗ばむ掌 宣代
人 風鈴や語りつがねばならぬこと  都詩

 

秀逸

  踏み込む一歩飛び出す一歩雲の峰 友光

  桜桃忌そうだ粉末ソーダ水    和美

  自分では見えぬ死顔若葉寒    智恵

 

渡辺まさる編集長選

天 文系でも理系でもない桐の花  加津子 

地 はつなつや画鋲の穴が塞がらぬ 晴美k

 

鈴木紀子参与選

天 日除して出来ることから始めたり 政子

地 風鈴や語りつがねばならぬこと  都詩

 

2020年6月(通信会)

お問合せ:

紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.06.19 Friday 12:27

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
 

次回は7月5日(日)を予定しています。

 


山十生主宰作品

羅の汝れと合ひの手入れ合へり  


山崎十生主宰選

 

天 決めごとは単純がいいソーダ水   節子

地 沈黙が答でありし螢の火      壽賀子

人 螢群るきたるべき日の来たやうだ  都

 

秀逸

迷はずに水は流るる桜桃忌      壽賀子

柿若葉プラス志向の聞き上手     とし子

滴りの雫の中に森がある       智恵

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 ペコちゃんのなめらかな舌梅雨に入る 順子

地 沈黙が答でありし螢の火       壽賀子

 

鈴木紀子参与選

 

天 ため息を抜け出すごとく心太    順子

地 決めごとは単純がいいソーダ水   節子

 

(川口句会 2020.6 通信句会形式)

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.05.22 Friday 19:03

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

*6月は通信句会になります。

 

山十生主宰作品

胸襟を開きつつ蛇穴を出づ  十生


山崎十生主宰選

天 マネキンの凭れてをりぬ夜の新樹 喜久 
地 こころざし高く持ちたる余り苗 壽賀子
人 万緑という大胆なものがある  まさる
 

秀逸

  クッキーの型は十字架雲の峰   順子

  月日とは光の束よ青田風     紀子

  側にゐて見守ってゐる余り苗  美智子

 

渡辺まさる編集長選

天 初夏や木綿の乾きたる匂ひ    智恵 

地 半夏生靴をよごしてしまひけり 加津子

 

鈴木紀子参与選

天 藤そよぐ平常心をどこに置く   晴美k

地 万緑という大胆なものがある  まさる

 

2020年5月(通信句会)

 

 

 

お問合せ:

紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.05.15 Friday 19:02

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
 

次回は通信句会となります。

6月8日(月)作品締切です。

 


山十生主宰作品

山女らは釣られる極意極めたり   


山崎十生主宰選

 

天 蜘蛛囲い出口知りたきゃ蜘蛛に聞け ゆふ

地 数字ではなくて人の死青嵐     智恵

人 なんとしても螢を守る水でいる   都

 

秀逸

にもかかわらず白樺は芽吹いている  邦子

肉汁にまみれるナイフ夏に入る    順子

立夏かな餃子の皮のふちにひだ    順子

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 にもかかわらず白樺は芽吹いている 邦子

地 なんとしても螢を守る水でいる   都

 

鈴木紀子参与選

 

天 うづくまるものをはげます青田風  和美

地 半開きのドアから夏が覗いている  晴美

 

(川口句会 2020.5 通信句会形式)

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


<<new | 1 / 19pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.