2019.08.02 Friday 20:33

第29回彩の国ベガ俳句大会

去る7月27日、

埼玉県川口市の川口総合文化センター・リリアにおいて、

埼玉県芸術文化祭2019協賛事業、

第29回彩の国ベガ俳句大会が開催されました。

来賓に埼玉新聞ふるさと報道部長・米山志朗様、

月刊俳句界編集長・河内静魚様を迎え、

参加者は80名を越える盛会となりました。

 

当日の講演は、「麦」会長で、現代俳句協会副会長の対馬康子先生。

対馬先生は他に国際俳句交流協会理事、「天為」最高顧問、

東京都俳句連盟副会長とさまざまな要職をお務めで、

当日も、前日に現代俳句協会の関係で

ジャカルタの視察より帰国されたばかりと、

大変お忙しい中をおいで頂きました。

 

演題は「俳句の抒情性〜中島斌夫(たけお)の世界」。

斌夫は明治41年生まれ。昭和63年に亡くなっています。

昭和21年「麦」を創刊、対馬先生の師でもあります。

代表句を交え実際に句を紹介いただき、

「硬質な抒情性」と言われる

斌夫の句を読み解いていただきました。

先生の師への思いの溢れた、あたたかくもシャープなご講演でした。

 

ご講演の対馬康子先生

 

 

*兼題入賞作品

 

埼玉県知事賞

八月六日こんなに人がいて独り     鋤守裕子

 

埼玉県教育委員会教育長賞

蟬穴の一つ残らずみな出口       渡辺智恵

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞

父の日をのり出して鳴く鳩時計     岡田淑子

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞

春うらら石を抜けたい仏たち      的場睦子

プールより水脱ぎ捨てて上がりけり   深沢ふさ江

田水張る明るき夜となりにけり     関田独鈷

 

埼玉県文化団体連合会会長賞

蝸牛ぶれない群れない迷わない     猪熊みね子

 

川口総合文化センター・リリア館長賞

荒凡夫逝きて蛙の鎮まりぬ       斎藤正道

 

埼玉県現代俳句協会会長賞

大川に足踏んばって水馬        前原元一郎

 

埼玉県俳句連盟会長賞

ぼうたんの罪あるごとく崩れけり    中島みつ

 

 

 

*当日席題入賞作品より

(席題「谷」)

 

谷走る刃物のやうな青とかげ      折原野歩留

気圧の谷を操るあめんぼう       山加津子

谷若葉人魚のやうに痛む脚       藤沢晴美

台風の谷間にゐるという静寂      戸矢一斗

八月十五日山折り谷折り千羽鶴     鳥海美智子

河童忌や谷中銀座のかき氷       岡田淑子

 

来年はいよいよ第30回を迎えます。

2020年7月25日(土)、またリリアでお会いしましょう。

 

 

 

 

           


2019.07.01 Monday 09:52

埼玉県現代俳句協会大会 

第41回埼玉俳句大会

埼玉県現代俳句協会主催

埼玉芸術文化祭2019協賛事業

 

梅雨のさなかのしっとりとした6月29日(土)、

川口総合文化センター・リリアにおいて

第41回埼玉俳句大会が開催されました。

 

 

当日は各方面でご活躍の若き俳人・神野紗希先生を講師に迎え、

「偶然、他者、肯定の詩」と題したご講演を頂きました。

俳句は決して浮世離れした詩ではないこと、

他者を受け入れる「肯定力」を持っていること、

余白を見失いがちな今だからこそ受け入れられて欲しいとの言葉に、

俳句への信頼と人間への愛を感じるとともに、

句をつくっていく上で大変勇気づけられる講演でした。

 

 

ご講演中の神野紗希先生

 

講演に続き事前応募句と当日一句句会の講評・顕彰が行われました。

入賞されたみなさん、おめでとうございます。

 

事前応募作品入賞句より

埼玉県知事賞 

風葬で逝きたし霞に紛れたし    折原野歩留

 

埼玉県教育委員会教育長賞

春寒し角のつっ張る紙袋      石井喜恵

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞

逆上がりしたくて揺れるカラスウリ 浜田桐花

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞

のんびりと亀鳴くを待つ余生かな  小池 溢 

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞

膝に小僧喉に仏や青き踏む     石口 榮

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞

三月や海鳴り地鳴り耳鳴りす    益子さとし

 

毎日新聞社さいたま支局長賞

逃水を追ひ東京へ行きしまま    古橋淑子

 

現代俳句協会会長賞

遠くで戦浅蜊一気に砂を吐く    森川義子

 

 

当日句入賞作品より

緑さす椅子を誰かに空けておく   岡村行雄

早苗饗や置きどころなき足二本   小山敏男

約束はしてないけれど河鹿笛    原 博子

したたりの一滴づつに目が開く   山十生

透きとほるものを磨けり青時雨   渡辺智恵

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.05.27 Monday 12:18

第15回 彩の国秩父俳句大会

第15回 彩の国秩父俳句大会

 

去る5月25日(土)、第15回彩の国秩父俳句大会が行われました。
事前の兼題句は昨年を上回る540句、当日も70名あまりの参加を得て
なごやかで充実した大会となりました。

前半は、高校生時代「石田波郷新人賞」を受賞して以来、

2018年に第9回田中裕明賞、2019年・星野立子新人賞を受賞、

「銀化」「玉藻」「群青」所属の小野あらた氏を講師にお迎えし、

兼題句のご講評をいただきました。

「俳句甲子園」優勝経歴の氏らしく、端的で明快、

かつお人柄の表れる柔らかな選評に

一同あたたかい気持ちで聴き入っていました。

 

ご講評中の小野あらた先生


後半の当日席題での1句句会では、

選者の先生全員より特選を中心に選評を頂きました。

 

お天気に恵まれ、気温はやや高めながらも心地好い風と、

秩父神社の緑に包まれ、俳句三昧の贅沢な一日となりました。

右より来賓の

秩父市市民部次長 松本直子様

俳句界編集長 河内静魚様

山十生「紫」主宰

 

兼題の部 入賞者

埼玉県知事賞 
しゃぼん玉消えなかったらどうしよう 高橋姜子

埼玉県教育委員会教育長賞 
学校の樹になりきっている桜     小山敏男

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞 
茂吉忌やくはえてほぐす筆の先    若林水翁

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
知恵の輪の不意にはずれし遅日かな  内野義悠

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
神名備の山を拝して田水張る     一瀬正子


埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
風鈴のよく鳴り婚のととのひぬ    村田軍司

埼玉県文化団体連合会会長賞
大空をぐらりと揺らし竹を伐る    水村和子

秩父市長賞
ジーパンの穴から春の膝小僧     永島武彦

秩父市教育委員会教育長賞
出合うという動詞あたたかメロンパン 白石みずき

秩父観光協会会長賞
片耳づつ分けるイヤホン春休み    堀杏子

 

 

会場の様子

席題の部 (題「中」)

秩父市長賞
田仕事の真っ只中へ帰省せり   小山敏男

秩父市教育長賞
田水張る光の中を登校児     前原元一郎


秩父観光協会会長賞
バラ咲かせ中途半端に生きてます 福島ときみ

 

 

 

 

 

 

 


2019.04.15 Monday 21:48

平成31年度紫全国俳句大会

4月13日(土)川口総合文化センター・リリア14階、

川口賓館・銀座アスターにおいて、

平成31年度紫全国俳句大会が開催されました。

ゲストにシンガーソングライターの工藤慎太郎さん、

ラジオパーソナリティの村重美加さんをお迎えし、

第66回紫賞の授与式、全国俳句大会の表彰・講評、

句集出版・栄誉祝賀、その後懇親パーティーがなごやかに行われました。


 

紫賞は、

新鋭としての作品に期待できる同人(年齢不問)に贈られる「新鋭賞」、

同人として顕著な作品活動をした方に贈られる「山紫賞」、

「紫」の中軸として活躍できる方に贈られる「作品賞」があります。

 

 

今年の各受賞者は以下の通りです。
 

作品賞 島田良江 盒欣子 村木友光

山紫賞 内田幸彦 小田島洋子 小金平佳代 

    篠原葦 原博子 藤井杏華 山根摩耶

新鋭賞 国松洋子 坂本容子 清水たまき 原田寿美

 

賞受賞とゲストの皆さん

 


平成31年度紫全国俳句大会の入賞作品は以下の通りです。
 

山崎十生主宰特選   
立ち上がる新聞の角人災忌      山田都詩

 

渡辺まさる編集長特選  
キーボード弾むスイートピーのブーケ 山口洋子


鈴木紀子参与特選 
続編は無と言ふ一字水かげろふ    大滝徳美

 



演奏の工藤慎太郎さん
オフィシャルサイト https://www.kudoshintaro.com
レーベルサイト http://columbia.jp/shintaro/
Facebook @kudoshin
Twitter @kudoshintaro

 

 

入選作品から(1位から10位)


三一一飛べない鶴を折っている   原博子

啓蟄や逆さに立てるマヨネーズ   渡辺智恵

青き踏む何も考えない至福     斎藤久子

大枯野悠悠自適たるかたち     さとうせつ

月冴ゆる離れてみれば解ること   浅野都

冬花火脳をきれいにして帰る    折原野歩留

真ん中にゐて湯豆腐は聞き上手   島田良江

悟りなど未だ未だ種を蒔いてゐる  山十生

しゃぼん玉もっと甘えてみたかった 盒欣子

花万朶台本の無き余生かな     原博子

 

 





 


2018.10.08 Monday 22:08

埼玉県現代俳句協会 吟行俳句大会

埼玉県現代俳句協会 吟行俳句大会

10月8日(月) 熊谷市商工会館に於いて

第16回 埼玉県現代俳句協会 吟行俳句大会が開催されました。

 

当日は曇りながら穏やかな吟行日和で、

金子兜太氏の句碑もある隣接する中央公園などを

各人思い思いに吟行、句作に勤しんでいました。

参加者は48名でした。

 

 

当日作品より

熊谷市長賞 

日本一暑い記憶の落葉掃く    藤倉忍(紫)

 

埼玉県俳句連盟会長賞

赤とんぼ戦火の空はどのあたり  折原野歩留(紫)

 

埼玉県現代俳句協会会長賞

魂幾多鎮む星川水澄めり     吉澤祥匡   

 

講評をする埼玉県現代俳句協会会長、山十生・紫主宰

 

紫関係作品抄

それらしき人が木の実を拾ひをり  山十生

すべらかな小石の肌秋深む     渡辺智恵

真実の眼が捕らふ秋の声      鳥海美智子

拗ねること知っているらし秋の空  岡嶋澄子

俳聖の句碑にとまりし赤とんぼ   早乙女文子

狗尾草気心知れた仲間です     大平寿江

根っからの不器で頓馬で青かりん  浅野都

贅沢な遊び落葉を掃きにけり    福島ときみ

浸透する体を持ちぬ秋深し     金子和美

運命に糸が付いたら実むらさき   藤澤晴美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.08.03 Friday 13:10

第28回彩の国ベガ俳句大会

去る7月29日、

埼玉県川口市の川口総合文化センター・リリアにおいて、

埼玉県芸術文化祭2018協賛事業・第28回彩の国ベガ俳句大会が

開催されました。参加者は80名近くの盛会でした。

 

当日の講演は、俳人・評論家で、

現在NHK・Eテレ「NHK俳句」の選者も務める岸本尚毅氏に、

「こもろ日盛俳句祭」の小諸より駆けつけていただきました。

 

丁寧なレジュメをご用意頂き、

「山口青邨の文体について」と題されたご講演は、

100句を超える豊富な例句と供に、

生前の青邨の思い出話なども交え、

あっという間に予定の時間が過ぎました。

 

 

ご講演の岸本尚毅先生

 

 

*兼題入賞作品

 

埼玉県知事賞

駐在所に立てかけてある捕虫網     波切虹洋

 

埼玉県教育委員会教育長賞

淋しくて満杯にする冷蔵庫       浅野都

 

さいたま芸術文化祭実行委員会会長賞

心張り棒外して坐る春の山       神沢英雄

 

さいたま芸術文化祭実行委員会奨励賞

しゃぼん玉褒めることから始めよう   盒欣子

丘あれば丘のかたちに芝ざくら     古郡孝之

朧月立て掛けてある長梯子       大平寿江

 

川口総合文化センター・リリア館長賞

縄文の土器を眠らせ麦熟るる

 

埼玉県現代俳句協会会長賞

ゆっくりと羽化がはじまる初湯かな   鋤守裕子

 

埼玉県俳句連盟会長賞

針槐大事にしたき少数派        寺内佶

 

 

 

*当日席題入賞作品より

(席題「囲」)

 

蜘蛛の囲の始まりはどこ終わりどこ   宇多直人

噴水に囲まれてゐる怖さかな      山十生

夏休み小犬を囲むひざがしら      大塚さち子

帰省子を囲む木の椅子木の机      時田清

向日葵に包囲されてる法学部      山加津子

向日葵に犯人のごと囲まれり      盒欣子

 

 

 

左より

埼玉新聞ふるさと報道部長・米山志朗様

月刊俳句界編集長・河内静魚様

講師・岸本尚毅先生

紫主宰・山十生

 

 

 

 

           


2018.06.26 Tuesday 10:01

埼玉県現代俳句協会40周年記念大会 

埼玉県現代俳句協会創立40周年記念

埼玉芸術文化祭2018協賛事業

第40回埼玉俳句大会

 

梅雨の晴れ間となった6月24日(日)、

浦和のコミュニティーセンターにおいて

埼玉県現代俳句協会創立40周年記念となる、

第40回埼玉俳句大会が開催されました。

会場の様子

 

 

当日は現代俳句協会副会長・小熊座主宰の高野ムツオ先生を講師に

「金子兜太とみちのく」と題したご講演を頂きました。

ご講演中の高野ムツオ先生

 

 

事前応募作品成績

埼玉県知事賞 

やわらかい脳と思えり春キャベツ 河口俊江

 

埼玉県教育委員会教育長賞

初蝶になれそうなので爪を切る  折原野歩留

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞

蛇穴をでるいつだって無我夢中  小川紫翠

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞

花は葉に人はひとから抜けられず 鳥海美智子

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞

かき氷からだ半分太平洋     宮城留美子

 

現代俳句協会会長賞

囀や漉き重ねゆく和紙の色    半谷比奈子錻

 

さいたま文藝家協会会長賞

まんさくや昔の眠る小抽斗    加藤いさむ

 

埼玉県現代俳句協会会長賞

余生いま青春後期花うつぎ    五明 昇

 

 

 

当日句より

栗の花手鏡ときに暗き沼     茂里美絵

夜濯はあんぱんまんのシャツ二枚 川野妙子

螺子を巻く錻力のおもちゃ沖縄忌 浅野都

飛行機の真似して帰る青田道   岡田一夫

荒梅雨や兜太生家のトタン屋根  神谷邦生

 

 

 


2018.05.29 Tuesday 20:14

第14回 彩の国秩父俳句大会

去る5月26日(土)、第14回彩の国秩父俳句大会が行われました。
事前の兼題句は530句、当日も70名近くの参加を得て
なごやかで充実した大会となりました。

前半は、昨年現代俳句協会新人賞をおとりになった

「炎環」「オルガン」同人の宮本佳世乃先生を講師にお迎えし、

兼題句のご講評をいただきました。


後半の当日席題での1句句会では、

選者の先生全員より特選句の選評を頂きました。

 

不順なお天気が多い中、暑くもなく寒くもなく、心地好い風と、

秩父神社の緑に包まれ、俳句三昧の贅沢な一日となりました。

来年はいよいよ第15回です。

多くの方のご参加をお待ちしています。

 


挨拶をする山十生「紫」主宰(左)

来賓の秩父市副市長、持田末広さま

 

 

兼題の部 入賞者

埼玉県知事賞 
一村に余る夕日や麦の秋       中島 みつ

埼玉県教育委員会教育長賞 
手をさするだけの見舞や春隣     大野 佳子

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞 
けん玉の膝柔らかし春の雲      前嶋 風香

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
恋蛍落ちたる草の闇深し       前原 元一郎

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
遠蛙頭の上の老眼鏡         梅原 公子

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
点となり光となりて鳥帰る      高 木和子

埼玉県文化団体連合会会長賞
深きより地球の鼓動木の芽吹く    須田 真弓

秩父市長賞
風の思惟こぼさぬやうに猫柳     金子 和美

秩父市教育委員会教育長賞
飴色の母の竹尺遠蛙         原口弘子

秩父観光協会会長賞
指さして大きくなりし春の山     齊藤京子

 

ご講評中の宮本佳世乃先生


席題の部 (題「獣」)

秩父市長賞
栗の花獣育ててゐるところ    鳥海 美智子

秩父市教育長賞
しなやかな獣となりぬ夜の新樹  渡辺 智恵

秩父観光協会会長賞
新宿に獣道ありサングラス    長濱藤樹

 

宮本佳世乃先生

山十生主宰

俳句界編集長・河内静魚様

 

 

 

 

 

 


2018.04.18 Wednesday 11:22

平成30年度紫全国俳句大会

平成30年度 紫全国俳句大会

 

4月14日(土)川口リリア・銀座アスターにおいて、

平成30年度紫全国俳句大会が行われました。

 

第65回紫賞の授与式、全国俳句大会の表彰・講評、

その後懇親パーティーがなごやかに行われました。

 

 

御挨拶の山主宰

 

 

紫賞は、

新鋭としての作品に期待できる同人(年齢不問)に贈られる「新鋭賞」、

同人として顕著な作品活動をした方に贈られる「山紫賞」、

「紫」の中軸として活躍できる方に贈られる「作品賞」があります。
 

今年の各受賞者は以下の通りです。
 

作品賞 折原野歩留 かみのみずほ 小林敏子 斉藤順

山紫賞 上田洋子 鈴木浮葉 根上空間 藤澤晴美 桝村節子

新鋭賞 伊藤伯子 淤見万知 金子和美 齋院志津子 篠田日織 本宮珠江
 

会場の様子


平成30年度紫全国俳句大会の入賞作品は以下の通りです。


山崎十生主宰選   
天 春の宵張り切るサランラップかな  田中のぼる

地 手袋の闇の深さを埋める指     山加津子

人 夜は深く眠ろう人も狼も      新井富江

 

 

鈴木紀子参与選

天 一秒をけずる力や冴返る     新井富江

地 斎戒沐浴して陽炎になる     森壽賀子



入選作品から


無駄といふ意味深きもの青き踏む   宮城留美子

充分に生きたつもりが春を待つ    岡嶋澄子

まことより嘘がうれしき春の夜    深沢ふさ江

ブランコの揺れてゐるまに告げませう 島田良江

ふくしま忌こんなに海は藍無限    鈴木紀子

裸木は何纏うとも自由です      さとうせつ

春を載せ待つ天秤の右の皿      岡嶋澄子

忘却も生きる術なり玉子酒      折原野歩留

助け舟など入りません流し雛     山十生





 

 


2017.10.13 Friday 12:12

埼玉県現代俳句協会 吟行俳句大会

10月8日(日)、

第15回埼玉県現代俳句協会の吟行俳句大会が

川口西公園で開催されました。

暑くも寒くもない絶好の吟行日和でした。

56名の参加者で、112句が出揃いました。 

 

当日入賞作品

1位    水底の石に目がある水の秋   渡邉樹音  7点

2位    秋日濃しどの彫刻と遊ぼうか  田中朋子    7点

3位    サルビアの一瞬渚少年来る   茂里美絵  6点

会長特別賞 いま答ださずとも良し鰯雲   浅野都

 

紫関係入選作品

天高し余計なものはみんな取れ       十生

街に来りや所詮わたしも穴惑い       野歩留

声は無きジャングルジムの中の秋      伯子

万葉の空へ誘ふ女郎花           珠江

秋澄めり瀬音ふやせし草の道        とし子

 

藪ラン


<<new | 1 / 5pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.