2020.07.14 Tuesday 17:10

「紫」2020年7月号・2

「紫」2020年7月号

大道無門(「紫」7月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

三・一一再生紙に画鋲      宮澤順子(山紫集) 

 東日本大震災全体というよりも、福島の原発を意識した

〈三・一一〉かと思う。それに〈再生紙に画鋲〉という措辞が、

核融合反応よろしくのイメージを拡散させてゆく、典型的な

二句一章の作品である。その密度が高いほど詩としての

次元も高くなること必定。

 

止まるも求道なりけり滝凍る    宮城留美子(山紫集)     

 

こうなれば我慢の勝負花は葉に   齋院志津子(山紫集)

 新型コロナウイルスだけとは限らない普遍性があるところに、

作者なら作者の強い意思表示が読み取れる。なにがしかの原因が

提示されて、〈こうなれば〉という開き直った姿勢が

窺い知れるのである。短期決着を想定しての〈花は葉に〉である

ことに間違いはない。

 

若葉風加筆修正お断り       浅野都(無門集)

 

竜天に丈は背丈を競ひ合ふ     鈴木千鶴(山紫集)

 


               * * *

 

龍門集

花吹雪アダムとイヴになりました 渡辺まさる

鳥帰る空にもありし波打際    鈴木紀子

人声の絶えし浅草黄砂降る    若林波留美

究極の生き方であるしゃぼん玉  森壽賀子

 

無門集

マスクしてみな平等になりしかな   鳥海美智子

むかしむかし手は足でした春満月   山加津子

春惜しむあの手この手の山と川    依田壽子

完璧といふは散りはじめの桜     渡辺智恵

春の夜のもの言はねどもくすり指   新井富江

フラットな繋がりつづけし霞草    木村成美

採血のとき息止める桜冷え      久下晴美

この世では逢えない人と見る桜    後藤宣代

野火走る自縄自縛を解くように    さとうせつ

 

山紫集

山笑ふおいしい水を作る山      石割ふじ子

石鹸玉再開発といふ高さ       伊藤伯子

脇役に徹してゐたる蜆汁       猪熊みね子

ふらここの遠心力の中に坐す     内田幸彦

逃水は私の影に他ならず       小田島洋子

ムツゴロウ全国的に晴れでしょう   金子和美

春寒し銃でウイルス殺せない     下田純子

丁寧に光閉ぢ込む霜柱        藤井杏華

喉元を過ぎたあたりで花吹雪     藤澤晴美

春愁の一塊として犀眠る       松林杏子

動画から勇気溢るる木の芽時     本宮珠江

 

新星集

目に見えぬものこそ大事亀の鳴く   新井久美

頰杖をついてあれこれ春の雪     一井千恵子

社会的距離大事です松の花      永吉洋子

 

(「紫」2020年7月号・NO.914号より)

お問合せ:

 

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.