2020.09.07 Monday 14:43

「紫」2020年8月号・2

「紫」2020年9月号

大道無門(「紫」9月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

決めごとは単純がいいソーダ水  桝村節子(山紫集) 

 何事もシンプルに限る。シンプルな俳句を理想としても、

ついつい力が入り過ぎてしまう。料理にしても、社会の

ことも、考えすぎはよい結果にならない。十七音の

最短詩型は自ずとシンプルさを表象している。季語の

力を借りて単純明快な一句となった。

 

香水の遠ざかるほど佳人めく   辻野喜久(新星集)     

 

沈黙が答でありし螢の火     森壽賀子(龍門集)

 

いま夫婦いつまで夫婦走馬燈   鳥海美智子(無門集)

 この夫婦は、本当に仲のよい夫婦なのだと思う。

夫婦の固い絆が読者に伝わって来る。ある程度の年齢に

差しかかって、来し方を振り返っての一句である。

それは、〈走馬燈〉と云う季語が長い年月を物語っている。

現在もそして永遠に夫婦でいたいとの願望。

 

その波の源はどこ青葉潮     村木友光(無門集)

 

 
               * * *

龍門集

萬緑といふ一大叙事詩かな    渡辺まさる

第三者たり得ず炎ゆる花うばら  鈴木紀子

くぼみあることぞ完璧梅熟す   若林波留美

 

無門集

止まるも過ぐるもちから半夏生  福井ちゑ子

風鈴や語り継がねばならぬこと  山田都詩

たまねぎや余生も発展途上なり  依田壽子

ハンモック半分風になっている  渡辺智恵

蛍群るきたるべき日の来たやうだ 浅野都

満たされているのに不安新樹光  新井史子

敗戦忌家族九人の箸の音     稲葉明日香

今日やけに島が近いぞ夏の空   かみのみずほ

言い知れぬ不安じっとり汗ばむ掌 後藤宣代

 

山紫集

形代にコロナ菌乗せ流しけり   大平寿江

桜桃忌そうだ粉末ソーダ水    金子和美

鬩ぎ合う強弱居間の扇風機    神尾久雄

伸び代のまだありそうな山登る  国田育子

どくだみのああどこまでも意地っ張り 小金平佳代

そういえば困難はバネ髪洗う   齋院志津子

どこまでも万緑どこまでも駐屯地 嶋野靖子

順番のあるのは素敵花は葉に   白戸麻奈

禁足の身に七変化先ず白く    鈴木浮葉

聞香の汝がおとがひにじっとり汗 鈴木千鶴

利き手執るただそれだけの夏の夜 瀧恒雄

意のままに風を操る青葉かな   土田淳孝

ひもすがら金魚みつめて人に倦む 深沢ふさ江

空豆に星五個あげる夕餉かな   本宮珠江

 

新星集

ペコちゃんのなめらかな舌梅雨に入る 宮澤順子

 

(「紫」2020年9月号・NO.916号より)

 

 

お問合せ:「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.