2015.03.09 Monday 16:56

第12回埼玉県現代俳句大賞

昨日桶川市のさいたま文学館で、埼玉県現代俳句協会の総会が開かれ、第12回埼玉県現代俳句大賞(埼玉県現代俳句協会)が発表されました。
今回の応募は31編でした。
受賞作品は以下の通りです。

大賞  「桐一葉」   盒極夫
    「闇」     神田春子
    「凍蝶の夢」  濱田晴美

受賞者のみなさんおめでとうございます。
*「紫」の受賞者の作品は、作品名をクリックするとご覧いただけます


当日句会結果

1位 老体の丸ごと傾ぐおぼろかな      前田美智子
2  膝に抱く猫に貫録水温む        久下 晴美
3  卒業やポケットに穴あいている     小川 紫翠
4  啓蟄や車内化粧はまだ半ば       阿部  功
5  雁帰る我が青春のあたりまで      田邊 則子
6  目の黒いうちは飯食ふ桃の花      桑原 三郎
7  どの顔もわたし見てゐる雛人形     長瀬 光江
8  マスクして鼻の先より眠くなる     越川ミトミ
9  啓蟄や少年が来て喇叭吹く       篠田 悦子
10  啓蟄やメルトダウンは地の底へ     黒沢 遊公
11  白魚の雫となりて消えにけり      福田太ろを
12  春野菜隣の席が騒がしい        田中 朋子
13  藪椿みんなそっぽを向いてをり     安田久太朗
14  雨くぐり春の雀として飛べり      浜田はるみ
15  茎立や問診票に「はい いいえ」    星野 和葉
16  芝焼きの火の高からず低からず     茂木 和子


花屋




Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.