2016.01.26 Tuesday 09:11

紫支部句会紹介

 「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。
今回はその中の「めぶき句会」をご紹介します。

**********************************
 毎月第3土曜日、午後1時より大宮区の桜木町公民館を拠点とし活動致しております。
 講師には「紫」副主宰の鈴木紀子先生をお迎えして、総勢12名の句会です。近年は公民館の利用団体が多く、3回に1度は抽選にはずれ、会場探しが大変です。
 「めぶき句会」は先生をはじめ「紫」の会員5人と、会員になろうかなと迷っている6人とで12名、平均年齢は70代くらい、女性ばかりの句会です。中には卒寿を迎えられながらも毎回投句を欠かさぬ方もおられ頭が下がります。お手本にしています。
 「紫」に未加入の6名はご指導いただいていた先生を二度にわたり失いました。しかしながら俳句への情熱は冷めやらず、ご縁があって「めぶき句会」へ合流し、現在3年目を迎えたところです。
 毎回質問も多く、充分に討論されて楽しい句座であると自負しています。
 いつでもゲストの参加を歓迎致します。遠慮なくお出掛けいただきたいものです。


最近の「めぶき句会」より

白地図の中をめぐりし風邪心地    紀子
晩秋や原節子の独壇場        登代子
数へ日や方向転換してをりぬ     加津子
語れないものを抱える冬の月     治子
推敲の余地ありおでん鍋つつく    晴美
友の忌の箸のかるくなる菊膾     教子
枯れてなほ菊の矜恃を留めをり    ゑみ子
アンテナを張り巡らせり年用意    君江
疑問符をころがしながら年送る    充恵
毛糸編む夢おいかけてをりにけり   利子
腑に落ちぬ話こだわる水中花     郁代
正念場真っ只中の冬木立       澄子


障子あかり


Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.