2016.08.23 Tuesday 09:31

紫支部句会紹介

「紫の会」には2つの本部句会の他、埼玉県内を中心に20の支部句会があります。

今回は番外編として「通信句会」をご紹介します。

**********************************
紫通信句会

 

 「紫通信句会」は郵送による句会です。

指導は山十生主宰。

現在の参加者はおよそ20名ほどです。

 

通信ですので、参加者同士が実際に顔を合わせることはありませんが、

どこの誰かは存じ上げなくても、作品を通してお人柄がしのばれたり、

人となりや年齢などを思いやるのも、他にはない妙味かも知れません。

 

作品を郵送すると、その後作品集が送られてきますので、

各自選句を行います。

参加者の得票を一番集めた句には「高得点賞」が贈られます。

 

作品には全句、主宰の短評が頂けます。

短いながらも的を射た評は、自身の句はもちろん、

他の評を読むことで大変よい勉強になります。

主宰の特選2句にも「特選賞」が贈られます。

 

遠方の方、お出掛けの難しい方、

句会と時間や日程が合わない方はもちろん、

じっくり選句に向かい合いたい方にもおすすめの句会です。

 

どなたでもご参加いただけますので、

ご興味がございましたら是非一度投句なさってみませんか。

 

締切 毎月10日(10日が休日・祝祭日の場合は翌日)

作品 5句郵送(自由参加の兼題あり)

選句 8句選 うち特選一句 (返信用はがきにて返信)

会費 1000円

 

今月の作品から

 

そのことに触れず浴衣の衿正す    一美

行く道は帰らない道鉦叩       則子

きっかけになるかも知れぬ揚花火   ふじ子

朝顔の蔓にまだあるこころざし    ふさ江

月光の体の窪みまで届く       弘恵

剥き出しの愛は壊れていく香水    友光

寿命分鳴き切る如し蝉時雨      利弘

苺喰ふ少年の指恥らへり       麻奈

分別のこだわりを捨てシャボン玉   節子

ギンヤンマ急がば回れ田圃道     空間

孤独なる夏の渚の靴の跡       初音

乳呑児の多き肌着や夏深む      u洋子

涼風のいたずらっぽく吹き抜けし   信治

山頂の心地よき風蝉時雨       照子

胸はって歩くと気分いい炎天     宣代

もてなしはブルーベリーを好きなだけ o洋子

ゼロになるために飛び出す花火かな  育子

形見分け軍隊手帳の文字小さし    志津子

狂ほしき闇の広がり青鬼灯      登美子

青臭さこそ本分のトマトかな     喜久

翡翠や水面も時も止めしまま     明未

 

雲


Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.