2017.08.21 Monday 10:45

俳句つれづれ

俳句つれづれ 第13回 「連載を終えて」 

 

鳥海美智子

 

 一年間、私の拙文に目を通して頂き、ありがとうございました。

何事もそうですが一番勉強させて頂いたのは私です。

 

 俳句は生物(なまもの)です。

その時の時流によって花形役者が変わります。

しかし、その流れの中で、名句は残るのです。

 

 7月29日、彩の国ベガ俳句大会が川口リリアで開催され、

講師、宮坂静生先生が「魅力ある俳句」という題で

60年安保以後の俳句を体験的にお話し下さいました。

その内容が素晴らしく、年代と代表句だけを

当日の資料から紹介させて頂きます。

 

 昭和20年代 俳句の根源探求

 炎天の遠き帆やわかこころの帆  山口誓子

 

 昭和30年代 社会性俳句

 彎曲し火傷し爆心地のマラソン  金子兜太

 

 昭和40年代 伝統回帰

 一月の川一月の谷の中      飯田龍太

 

 60年安保以後

 軽快俳句の旗手

  空蝉となりたることをまだ知らず 鷹羽狩行

 

 言葉の本意探求 言霊への憧れ

  春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂

 

 口語調俳句の普及

  三月の甘納豆のうふふふふ    坪内稔典

 地貌探求 産土(土・水)の再発見
  都会俳句の漠然さへの反発
  霜夜なり胸の火のわが麤蝦夷(あらえみし) 佐藤鬼房
  榛(はん)の沖よりつながって馬肥瞽女(まごえごぜ) 齊藤美規
  逝く母を父が迎へて木の根明く  宮坂静生
  半殺*(はんごろし)とは深熊野の土用波  茨木和生

  *おはぎのこと

 

 アニミズム志向 自然と人間が一体となる

  長生きの朧のなかの目玉かな   金子兜太

  草枯れて地球あまねく日が当たり 大峯あきら

 

 3・11以後 満州・シベリア・戦没者・原発忌

  万里子、勝や黄砂となりて帰りしか  渡辺真帆

  双子なら同じ死に顔桃の花      照井翠

  除染とは地べた剥ぐことやませ来る  伊藤雅昭

  祈るべき天とおもえど天の病む    石牟礼道子

  脱皮するため吹き上がる水である   山十生

  

 以上、難しい事柄を易しい言葉で、時にはユーモアを交えて、

教えて下さいました。

 自分の気持ちを俳句にするのは一回限り、その時の精神を生かす。

素朴なことを直感する。存在者として、日常生活の中で感動を見つける。

体を動かして、自然に向かう。

 

 やはり名句を残すのは、日々の努力と思いました。

 

(「紫」無門集同人)

 

田んぼ


Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.