2012.12.21 Friday 09:28

去年の紫 7

言霊は諸刃の剣寒昴        澤井益市郎

 言霊には、さまざまな働きがある。日常の次元から非日常の世界へと昇華すれば、その働きの質量は一段と高まる。言葉そのものが、諸刃の剣であることは、歳を重ねていくうちに種々の体験から実感しているであろう。況してや、俳句の言葉であるならば尚更である。象徴性が求められる俳句では、その剣の鋭利さが問われる。



冬帽子目深に冬帽子売る      長島千恵子

 同じ言葉の重ねが気になる場合と、そうではない場合の違いには雲泥の差がある。掲句の場合は、成功している少ない部類に入る。一句全体の歯切れの良さも、さることながら、帽子を売っている人間の描写まできっちりと表現されている。ドキュメンタリーの映像のようだ。



あだし野の凩が来て戸を敲く    赤塚はる江 

 「あだし野」の代わりに「武蔵野」を置いたとしても、それほどのインパクトはない。このように、言葉の斡旋は時事云々という問題ではなく、言葉の相互作用に拠るのであるから、事実を超えた詩的真実の言葉でありたい。


山十生
(紫2012年3月号/行雲流水より)


さざんか

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.