2018.05.29 Tuesday 20:14

第14回 彩の国秩父俳句大会

去る5月26日(土)、第14回彩の国秩父俳句大会が行われました。
事前の兼題句は530句、当日も70名近くの参加を得て
なごやかで充実した大会となりました。

前半は、昨年現代俳句協会新人賞をおとりになった

「炎環」「オルガン」同人の宮本佳世乃先生を講師にお迎えし、

兼題句のご講評をいただきました。


後半の当日席題での1句句会では、

選者の先生全員より特選句の選評を頂きました。

 

不順なお天気が多い中、暑くもなく寒くもなく、心地好い風と、

秩父神社の緑に包まれ、俳句三昧の贅沢な一日となりました。

来年はいよいよ第15回です。

多くの方のご参加をお待ちしています。

 


挨拶をする山十生「紫」主宰(左)

来賓の秩父市副市長、持田末広さま

 

 

兼題の部 入賞者

埼玉県知事賞 
一村に余る夕日や麦の秋       中島 みつ

埼玉県教育委員会教育長賞 
手をさするだけの見舞や春隣     大野 佳子

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞 
けん玉の膝柔らかし春の雲      前嶋 風香

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
恋蛍落ちたる草の闇深し       前原 元一郎

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
遠蛙頭の上の老眼鏡         梅原 公子

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
点となり光となりて鳥帰る      高 木和子

埼玉県文化団体連合会会長賞
深きより地球の鼓動木の芽吹く    須田 真弓

秩父市長賞
風の思惟こぼさぬやうに猫柳     金子 和美

秩父市教育委員会教育長賞
飴色の母の竹尺遠蛙         原口弘子

秩父観光協会会長賞
指さして大きくなりし春の山     齊藤京子

 

ご講評中の宮本佳世乃先生


席題の部 (題「獣」)

秩父市長賞
栗の花獣育ててゐるところ    鳥海 美智子

秩父市教育長賞
しなやかな獣となりぬ夜の新樹  渡辺 智恵

秩父観光協会会長賞
新宿に獣道ありサングラス    長濱藤樹

 

宮本佳世乃先生

山十生主宰

俳句界編集長・河内静魚様

 

 

 

 

 

 


2019.05.22 Wednesday 20:14

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0
    • - | - |

    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://haikumurasaki.jugem.jp/trackback/686
     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.