2018.12.19 Wednesday 12:09

俳句スパイスインターネット句会

俳句スパイスインターネット句会 12月

 

兼題「開」

 

5句選で、うち特選一句お願いします。

 

最下段の「 Add a coment: 」 より

name:    にネット俳号

commentos: に句番号と句

    ↓

「コメント送信」をクリック 

 

その他選評・感想・質問・意見などご自由にお書き下さい。

選句締切:12月24日(月)午後6時

結果発表:12月26日(水)予定

 

**************************

1 歳を知り胸襟開く忘年会

2 孝行の皹ささくれの親不孝

3 開運の猫らし日向ぼこりなり

4 聖なる夜開かずの扉の向こう側

5 手袋のかわりふたりの手をつなぐ

 

6 木の葉散る中を駆けるシューベルト                

7 個展終へ余韻楽しむ冬うらら

8 冬帝に捧ぐ朝餉の目玉焼く

9 マーラーの大地の歌や蓮根掘る                   

10   胸襟を開き雪女郎の身上

 

11  自らも心を開くオリオン座

12  冬薔薇両手をそっと開きたる

13  開け閉めの悪き扉の先に冬

14  室の花開脚前転が苦手

15  黄落や心の隅のパスポート

 

16  葉牡丹は産まれたばかり子守歌

17  開閉の出来ない窓や初氷

18  まっすぐな道をゆっくり冬うらら

19  雪催ひ一筋縄でいかぬ人

20  三文字の魔法をかける雪女郎

 

21  モナリザをルーブルで模写する狐  

22  星になるステップとして初氷

23  晩秋の強気と弱気自制心

24  冬薔薇の棘のたくらみ失せにけり

25  風穴を開ける一言枯はちす

 

26  枯れ山椒香りも棘も生きており

27  コート脱ぐ虎視眈眈と静電気

28  ポインセチア一日一段登る鉢                     

29  展開図組み立てゆけば雪だるま

30  煮凝りや開き過ぎたる胸の内

 

31  心臓は左にあるの去年今年

32  坂いくつ登りきれるか冬日和

33  港には女と男そして鮫

 

 

 

 

 


Comment:
2018/12/19 2:44 PM, 玉子 wrote:
13 明け閉めの悪き扉の先に冬

16 ◯ 葉牡丹は生まれたばかり子守唄

    葉牡丹は今の季節、私も先日
    植えましたが、子守唄の連想
    超素敵いつまでも唄って欲しい

18 まっすぐな道をゆっくり冬うらら

21 モナリザをルーブルで模写する狐

27 コート脱ぐ虎視眈眈と静電気

    皆さん、大変今年もお世話様に
    なり有難うございました。
    毎月良い刺激を頂き楽しいです
    初句会でお会いしましょう。
2018/12/20 9:31 AM, 人見 wrote:
3 開運の猫らし日向ぼこりなり
  いいことありそうです。

4 聖なる夜開かずの扉の向こう側
  意味深です。
  扉の向こうにあるのは人によって皆違いそう。

6 木の葉散る中を駆けるシューベルト
  中七の足り無さが気になったけれど、なんだかおろしろい。
  シューベルトって、そういう感じ?
  発送にくすり。

7 個展終へ余韻楽しむ冬うらら
  上五がちょっと説明的だけど、この感じわかります。
  冬うららがいい感じ。

11 自らも心を開くオリオン座 ◎
  これもオリオン座がいい感じ。
  他者と通じ合うためには自分も素直にならないと。それには信頼が大切。
  対象が人や物事でももちろん空想が広がるが、
  オリオン座に対してなら詩情たっぷり。
  

おまけ
8 冬帝に捧ぐ朝餉の目玉焼く
  「目玉焼く」はコワイ。「目玉焼き」でいいのでは?

13 開け閉めの悪き扉の先に冬
  扉までは「おっ」という感じだったんですが、
  「の先に冬」かぁ・・・うーん。
  わたし的にはここがちょっと気になりいただけませんでした。

14 室の花開脚前転が苦手
  よくわからない。
  「開脚前転は苦手」はおもしろい。
  「室の花」との関係が難しかったです。

今年もお世話になりました。また来年よろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。







2018/12/20 10:25 AM, はるくん wrote:
3 開運の猫らし日向ぼこりなり

6 木の葉散る中を駆けるシューベルト

8 冬帝に捧ぐ朝餉の目玉焼く

9 マーラーの大地の歌や蓮根掘る

30 煮凝りや開き過ぎたる胸の内

共感の一句です。煮凝りが絶妙です。
今年も有難うございました。
2018/12/20 10:30 AM, はるくん wrote:
記入漏れです。特選は30番の一句です。
宜しくお願いします。
2018/12/20 10:36 AM, 人見 wrote:
間違いました。
6番 発送ではなく発想です。
あと11番、オリオン座が心を開くという読みも好きです。
失礼しました。
2018/12/20 3:22 PM, すみれ wrote:
4 聖なる夜開かずの扉の向こう側

10 ◎ 胸襟を開き雪女郎の身上

   雪女は雪国育ちの私の好きな季語です。
   実態のないものをあるように扱うのが
   俳諧ですが・・・ もし雪女と胸襟を開いて
   とことん話し合ったら 意外と自分の
   分身だったりして!

18 まっすぐな道をゆっくり冬うらら


27 コート脱ぐ虎視眈眈と静電気


29 展開図組み立てゆけば雪だるま

  今年も皆さんの句を楽しみながら ひと月の
  メリハリがついたような気がします。
  句会とは違いまだ見ぬ方を想像しながら
  鑑賞する楽しみもありました。(でも 今では
  おぼろげに輪郭が見えてきました?)
  来年も宜しくお願いします。




2018/12/20 5:25 PM, マヨマヨネーズ wrote:
4 聖なる夜開かずの扉の向こう側

13 開け閉めの悪き扉の先に冬

22 星になるステップとして初氷

20 三文字の魔法をかける雪女郎

31 心臓は左にあるの去年今年

2018/12/21 6:44 PM, Rin wrote:
9 マーラーの大地の歌や蓮根掘る
 YouTubeで聴いたんです(笑)蓮根掘るが合ってるのかはわからないんだけど、惹かれた

◎11 自らも心を開くオリオン座
 オリオン座なら心を開きそう ぴったり

20 三文字の魔法をかける雪女郎
 気になります。三文字の魔法

22 星になるステップとして初氷
 初氷が気になるんだけど、星になるステップなら、なんだろうと考えるとどんどん広がりそう

30 煮凝りや開き過ぎたる胸の内
 後悔してるのかな。はるくんさんと同感。煮凝りが効いてます

師走らしく毎日忙しいです。あっという間に来年になっちゃう〜
今年もお世話になりました
来年も宜しくお願いします(^-^)
2018/12/22 9:56 PM, 蘭丸 wrote:
13 開け閉めの悪き扉の先に冬
冬の寒さって、こんな感じ。上手く開け閉めの出来ないのは、心の窓でしょうか。やわらかく素直な人になってください。
19 雪催ひ一筋縄でいかぬ人
こんな頑固さもいいですね。
22◎星になるステップとして初氷
初氷の薄さが未熟な感じで、ステップを重ねて星になっていくって、素敵です。
27 コート脱ぐ虎視眈眈と静電気
虎視眈眈とが楽しい!静電気にそんな魂胆があったなんて、びっくりです。こちらも◎にしたかった句です。
29 展開図組み立てゆけば雪だるま
雪だるまの句はたくさんあるけど、展開図が雪だるまになってく発想が見事です。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.