2019.05.27 Monday 12:18

第15回 彩の国秩父俳句大会

第15回 彩の国秩父俳句大会

 

去る5月25日(土)、第15回彩の国秩父俳句大会が行われました。
事前の兼題句は昨年を上回る540句、当日も70名あまりの参加を得て
なごやかで充実した大会となりました。

前半は、高校生時代「石田波郷新人賞」を受賞して以来、

2018年に第9回田中裕明賞、2019年・星野立子新人賞を受賞、

「銀化」「玉藻」「群青」所属の小野あらた氏を講師にお迎えし、

兼題句のご講評をいただきました。

「俳句甲子園」優勝経歴の氏らしく、端的で明快、

かつお人柄の表れる柔らかな選評に

一同あたたかい気持ちで聴き入っていました。

 

ご講評中の小野あらた先生


後半の当日席題での1句句会では、

選者の先生全員より特選を中心に選評を頂きました。

 

お天気に恵まれ、気温はやや高めながらも心地好い風と、

秩父神社の緑に包まれ、俳句三昧の贅沢な一日となりました。

右より来賓の

秩父市市民部次長 松本直子様

俳句界編集長 河内静魚様

山十生「紫」主宰

 

兼題の部 入賞者

埼玉県知事賞 
しゃぼん玉消えなかったらどうしよう 高橋姜子

埼玉県教育委員会教育長賞 
学校の樹になりきっている桜     小山敏男

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞 
茂吉忌やくはえてほぐす筆の先    若林水翁

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
知恵の輪の不意にはずれし遅日かな  内野義悠

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
神名備の山を拝して田水張る     一瀬正子


埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
風鈴のよく鳴り婚のととのひぬ    村田軍司

埼玉県文化団体連合会会長賞
大空をぐらりと揺らし竹を伐る    水村和子

秩父市長賞
ジーパンの穴から春の膝小僧     永島武彦

秩父市教育委員会教育長賞
出合うという動詞あたたかメロンパン 白石みずき

秩父観光協会会長賞
片耳づつ分けるイヤホン春休み    堀杏子

 

 

会場の様子

席題の部 (題「中」)

秩父市長賞
田仕事の真っ只中へ帰省せり   小山敏男

秩父市教育長賞
田水張る光の中を登校児     前原元一郎


秩父観光協会会長賞
バラ咲かせ中途半端に生きてます 福島ときみ

 

 

 

 

 

 

 


Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.