2019.11.22 Friday 12:39

紫季語さんぽ

紫季語さんぽ 11月

 

踏んで欲しい落葉そうではない落葉 十生

空を見てときめいてゐ落ち葉かな  久子

その空白生かすのもよし落葉焚く  志津子

落葉掃く真っ青な空見るために   たまき

吊り橋に遊行はじまる枯葉かな   敏子

踏まれゆく枯葉にもある自尊心   久子

いちにちの始めは呼吸冬紅葉    日織

 

天文

根を深く張るため月の光浴ぶ   まさる

戦争を売る仕事あり冬の月    美智子

冬銀河この上もなき砂時計    十生

冬銀河記憶の抽斗開け閉める   節子

共感はいらない私だけの月    和美

月天心恙無き日を糧とせむ    澄子

十三夜とどかぬものは美しい   久子

足の先より冷えてくる銀河系   美智子

 

気象

いっしょには死ねない人と野分中 加津子

あたたかな霧だから泣いても平気 和美

芋の露地球転がす力あり     明日香

 

そっと来てそっと抜け出す秋の風 かほる

木枯一号沖がそんなに恋しいか  紀子

木枯らしやミニスカートの福の神 頓珍漢

凩の己が火種といふ意識     都

木枯やにはかにあたふたあたふた 宣代

竜宮の使い色なき風に乗る    晴美     

 

飾らるるほどに哀しくなる冬木 千鶴

裸木の周りが光らせてくれる  都

ほのぼのと少しさみしい枯木山 晃代


不揃ひといふ心地よさ秋桜    ときみ

につぽんの背骨揺らぎぬ花八ツ手 波留美

花八ツ手人居ぬときは烟をり   紀子

あるがまま余生たのしむ花八ツ手 壽賀子

山茶花や背中合はせの間柄    珠江

山茶花やフランス人と読む漫画  伯子  

山茶花や背中合はせの間柄    珠江

 

植物

星よりも土になりたき一位の実   波留美

りんご受く水のかたまり受くやうに 加津子

秋草を分けて都を探しをり     富江

染まるのも散るのも一途草紅葉   昭子

さりげなく風の存問露見草     とし子

 

冬日向・日向ぼこ

削られて石は仏に冬日向   靖子

堂々と放下せしかな日向ぼこ 壽賀子


雪・雪女

降る雪に音なくてやや淋しかり 則子

包丁を正しく使ふ雪女     裕美

 

冬館ノートの作者不明の詩   裕美 

ベランダに椅子は一脚冬来る  摩耶

きのふ立冬映画なら抱かれてる 伯子

冬めくや地蔵にマッチする時間 多美子


くらし

見えぬもの見つめてゐたる紙漉女 育子

着ぶくれて忘れ上手になりました 敏子

眼鏡拭く紅絹や勤労感謝の日   千恵子

大根を漬ける頃来る薬売     野歩留

干し柿や鍵をかけない山の家   忍

一端を知っているだけ長き夜   都

娶らせ稲刈り終へて漢逝く    雅人

かつがれて笑って歩む大熊出   登代子

他人にはあんなふうなの月見酒  留美子

海老天丼跳ねる尾頭文化の日   一美

炊き立ての新米の艶たまご割る  良江

 

いきもの

水を脱ぐやうに浮かびぬかいつぶり ふさ江

神おはす山ふところに秋の蛇    ときみ

それなりの作法あるらし穴まどひ  雅人

赤とんぼ一人ぼっちに寄ってくる  千恵子

 

 

「紫」2018年2月号(No.885)より

 

 

連絡先 

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

     TEL&FAX 048-251-7923 


Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.