2020.01.24 Friday 15:41

紫季語さんぽ

紫季語さんぽ 1月

 

対面か隣か細雪しんしん           十生

能面の裏のくらやみ雪しんしん 加津子

雪に音なくてさみしき少女かな  則子

雪原の足あと百の物語             留美子

雪しんしん醤油の瓶がキュウと鳴く 晴美(K)

 

風花

風花のひとひらづつにありし音 十生

言伝は風花の舞ふ昼下がり     ときみ

風花を葬の極みと言ふべきか    徳美

よく揺れる富山電鉄風花す       邦子

 

夜空

厳然と山はありけり冬の月       泰子

遠ざかるもののいろいろ冬銀河 久子

決心と決意の狭間撞き冴ゆる    摩耶

らしくない言葉のゆくへ冬銀河 伯子

一村を浄めるごとく冬月光       和夫

 

潮満つる音を枕に山眠る   みずほ

忘れられるものみな忘れ山眠る 敏子

 

氷柱

楽天家ぶりを発揮の氷柱かな    十生

りんりんと光をみがく大氷柱   壽賀子

無となりて見じろぎもせず氷柱かな 公子

同道の青息吐息軒つらら      徳美

 

初氷とける悦びしりました  成美

迂闊にも策に嵌って氷りたり 和美

 

水仙

水仙の茎はもののふ日本海 波留美

靴音もかがやくものよ寒水仙 壽子

野水仙崖の上から見えぬ崖  智恵

 

風あらば風にもたれし枯尾花 かほる

丹田に力を込める冬田かな  美代子

除夜の鐘一撞きごとに軽くなる 史子

繁るより今はのびのび枯木立  麻奈

 

日向ぼこ

充分に生きた証しの日向ぼこ    瑠璃

日向ぼこあの世は混んでいるそうな 博子

もう人に戻らぬつもり日向ぼこ   伯子

 

初日

水平線をぶち切ったる初日 まさる

万物に無言のエール初日の出 一美

全員の揃ふを待ってゐる初日 宣代

両の手に平に降りる初日かな 明未

 

新年

初富士や空の丹田かもしれず 明未

一族で最年長となる今年  礼以子

思いもよらぬ私がそこに初鏡 友光

大らかに重なりあえば鏡餅 加津子

医学部の匂ひの中の鏡餅  野歩留

颯爽とお年始のごと診察台 志津子

 

七草

七草や水の音さへうすみどり 富江

七草や元は他人の半世紀   宣代

 

体にも潮の満ち干や寒の入り 紀子

ひと言は単刀直入寒の水   都詩

 

話し手と聞き手は互角鶴の舞    都

人間をさらりと捨てて鶴となる 明日香

梟に聞いてそれから人に聞く  千恵子

 

暮らし

風癒えず妻はをろちと睦をり   雅人

みんな風邪だね星拾へさうな眼で 裕美

短日の割りには一日の長し    和夫

目くばせを忘れているか雪女   空間

動かぬは考えへてゐる凧     紀子

 

いたづらのやうにおでんの結び昆布 裕美

あれとそれ二人は承知みかんむく  三恵

ふつふつとご飯炊く音春隣    美智子

まだ彼に言えない話冬いちご   晴美(F)

若干のジェラシーはある干大根  みちこ

 

「紫」2018年4月号(No.887)より

 

 

 

連絡先 

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

     TEL&FAX 048-251-7923 


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.