2020.02.17 Monday 16:02

山十生句集「銀幕」

山十生句集 「銀幕」

 

紫主宰山十生の第11句集「銀幕」が

東京四季出版より上梓されました。

 

川口の風景をあしらった装丁の句集「銀幕」

 

『 著者16歳の時に「紫」先代主宰・関口比良男に

 師事してから、57年の年月が流れた。

  今や著者が主宰を務める「紫」は、

 令和元年5月に創刊900号に達し、「これも先師

 関口比良男が天に召され20年、行動を共にしてくれた

 仲間の支えがあったからこそ」と感謝の思いを語る。

  本書は最近7年間の「紫」に発表した作品から

 抄出した。

  今後さらなる発展を続ける著者の通過点でもある。』

                (帯文より)

 

泳ぐ真似して風船を追ひ行けり

陽炎を紡ぎ太平洋となす

地下鉄の迷路三鬼の忌であった

滅菌の青色硝子走り梅雨

淋しくて馬面剥をあぶりたり

身を護るために金魚は尾を振れり

手を拡げ抱く荒川風青し

メンデルスゾーンが夜を長くする

澄む水に曙杉の凭れゐし

髭剃りはゾーリンゲンや竜の玉

大雑把こそめでたけれ隙間風

耳掻きの微妙な角度ペチカ燃ゆ

              (自選12句)

 

ぜひお手にとってご覧下さい。

 

 

山十生句集「銀幕」

東京四季出版 

定価 本体2800円+税

 

お問合せ紫の会

 

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

 

 

 

 

 


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.