2020.03.06 Friday 15:58

「紫」2020年3月号・2

「紫」2020年3月号

大道無門(「紫」3月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

洗つても落ちない目鼻雪もよひ  山加津子(無門集) 

 禅の言葉に「平常心是道」「眼横鼻直」がある。

当たり前のことを当たり前と享受することの難しさを説いている。

道元にしても、そのことが解るまで多くの歳月を要したのである。

顔を洗ったあとの凛とした感覚を〈雪もよひ〉と感取したところに

真骨頂がある。

 

初しぐれ勝に繋がる歩であらう  浅野都(無門集)     

 将棋で最高の駒は王であり、最下位の駒は歩である。

さまざまな駒を使い相手をギブアップさせるのだ。

最下位の歩であっても疎かに出来ない。

歩を上手く使うことが勝ちにつながる。

人生でも、このこのことは言えることで肝に銘じたい。

 

地下鉄に勾配のあり去年今年   伊藤伯子(山紫集)

 

ポケットに半券の余韻冬銀河   高橋姜子(山紫集)

 

欺されたふりして囲むおでんかな 嶋野靖子(山紫集)

 


               * * *

 

龍門集

踏み止まれそうこの冬空の青さなら   鈴木紀子

異議なしといふは怖ろし滝凍てず    若林波留美

淡海をわがもの顔の浮寝鳥       森壽賀子

 

無門集

十二月八日しづかに米を研ぐ      福島ときみ

霜柱身を立て直す真っ最中       村木友光

味はへば乙な孤独や酉の市       渡辺智恵

沈黙のそこが恐いよ毛糸編む      稲葉明日香

ひとりづつ部屋ある事の寒さかな    折原野歩留

今なにが出来るのだらうペチカ燃ゆ   木村成美

すれ違ふだけの関係冬の風       後藤宣代

この窓は開きません十二月八日     小林邦子

 

山紫集

自力では解けぬ束縛枯かずら      梁瀬みちこ

嘘と黙似て非なるかな初氷       若山一美

このタイミングだったのか虎落笛    猪熊みね子

細き指誰に似たのか石蕗の花      上田洋子

潔白を立証せんと大根切る       大平寿江

極月や魚は向きを変へたがる      久下晴美

開戦日そ知らぬ顔の人数多       小金平佳代

欺されている方が楽虎落笛       椎名和夫

左手で右手の爪を冬ざるる       篠原葦

窮極の一品ならむ紙懐炉        鈴木千鶴

霜夜終はらぬ息確かめて眠らねば    箱森裕美

浮き寝鳥水を沈めて水に浮く      深沢ふさ江

折鶴のみな凍鶴になる気配       松林杏子

 

新星集

当り前なれど難しや漱石忌       池田ゆふ

余白無き冬の星座や砂時計       盒局匯

白菜の縛られてより増す密度      辻野喜久

 

(「紫」2020年3月号・NO.910号より)

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.