2020.05.22 Friday 19:03

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

*6月は通信句会になります。

 

山十生主宰作品

胸襟を開きつつ蛇穴を出づ  十生


山崎十生主宰選

天 マネキンの凭れてをりぬ夜の新樹 喜久 
地 こころざし高く持ちたる余り苗 壽賀子
人 万緑という大胆なものがある  まさる
 

秀逸

  クッキーの型は十字架雲の峰   順子

  月日とは光の束よ青田風     紀子

  側にゐて見守ってゐる余り苗  美智子

 

渡辺まさる編集長選

天 初夏や木綿の乾きたる匂ひ    智恵 

地 半夏生靴をよごしてしまひけり 加津子

 

鈴木紀子参与選

天 藤そよぐ平常心をどこに置く   晴美k

地 万緑という大胆なものがある  まさる

 

2020年5月(通信句会)

 

 

 

お問合せ:

紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.