2019.10.30 Wednesday 19:19

俳句ライフ

俳句ライフ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句ライフ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

10月30日放送分より

(表記は俳句スパイスによる)

 

今週の十生一句

 

天 竹とんぼ名人天の高きこと ふうりんこ

地 物を焚く煙の親し秋の暮れ かくれみの

人 草の花野菜ジュースを飲んでから マヨマヨネーズ  

 

リスナーの投稿作品より

草花も左右に揺れる関ヶ原   深川牡丹

 添削→草の花左右に揺れる関ヶ原

「草花」は漠然としていて

「草の花」とすることで秋に限定される

 

・蒼穹へ肉体高く組み体操    鵜澤利朗

 →取り合わせがよい 運動会のイメージ

 「組み体操」を季語と捉えるかどうか

 

・夜の雲激しく飛ばす虫の声   マヨマヨネーズ

・忘却の欠片を拾う夏汀     鵜澤利朗

 

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 

 季節先取り!冬の兼題 「霜」「セーター」「長葱」

 当季雑詠、自由題も大歓迎です。

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句ライフ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo


2019.10.28 Monday 19:41

句会のご案内

2019年11月の句会予定 


*予定は変更になる場合があります。
 はじめてのかたは事前に事務局までご確認をお願いします。

 

11月2日(土)  土曜句会* 

         午後1時 ウエスタ川越 川越吟行

 

          窓の会 
           午後1時 サウスピア(武蔵浦和) (自主句会)

 

11月3日(日)  紫川口句会* 

         午後1時  川口市幸栄公民館 会場注意!

 

11月5日(火) 万年青の会  
          午後1時30分 川口市立前川南公民館

 

11月6日(水)      秩父むらさきの会*  
         午後1時 秩父市民会館

      

11月9日(土)    紫さいたま句会* 

          午前1時 武蔵浦和サウスピア

 

11月11日(月) さくら草句会*     

        午後1時 浦和パルコ10階

 

11月13日(水)  句楽会* 毎月第2水曜日に変更になりました

         午後1時 川口市立西公民館

 

11月14日(木)  をまぎ句会* 
         午後1時 さいたま市尾間木公民館    

 

11月16日(土)  めぶき句会 
         午後1時 さいたま市立桜木公民館

 

11月17日(日)   虹の会  
          午後1時 越谷市立北越谷公民館

 

11月20日(水)      紫苑の会   
         午後1時30分 越谷市市民活動支援センター

 

11月21日(木)      牧の会   
         午後1時 さいたま市尾間木公民館

 

11月24日(日)  むらさき西句会* 
         午前9時 川口市立西公民館

 

        ミューズ* 曜日注意!
         午後1時 川口市立幸栄公民館

 

11月28日(木)    句遊会
           午後1時 さいたま市立善前公民館

 

             しらゆり俳句会* 
         午後1時30分 川口パレス3階

 

その他     紫通信句会* 

        11月5日(火) 締切    日にち注意!       

          作品5句(郵送)  兼題「日」
        

        俳句スパイス・インターネット句会

        ・休会中

 

*のついている句会の指導者は山崎十生主宰です

 

 

 

お問合せ:「紫の会」 HPはこちら

 

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

 

 

 


2019.10.25 Friday 19:40

紫季語さんぽ

紫季語さんぽ 10月

 

みづからを閉ざせし鏡月あかり 波留美

月天心刃物のにほひよぎりけり 壽賀子

喪の家のあかりと月の照らしあう 美人

やはらかく背鰭をはづす無月かな 加津子

月光に没頭したる月光 富江

 

影が身を離れてゆきし霧の中 十生

霧を帯び水平線の綻びる ちゑ子

山霧を編んで私を繭にする 和美

空耳であろうか霧の走りだす 治子

 

草の花

影だけがまぐはひゐたる草の花 十生

待つことをすんなり受けし草の花 昭子

 

花野

思考力高める椅子を置く花野 澄子

肝心な話は避けてゐる花野 宣代


秋の空

秋天やくよくよしても爪伸びる せつ

秋高し空に密室自由席 友光

秋空に包囲されてる発射台 明子

 

天高し

目標は無理しないこと天高し 志津子

物生さぬままの十指や天高し 波留美

天高し上げたボールは落ちてくる 美智子

天高しここより入る獣道 ときみ

天高し人間相手辞めてみる 忍

 

靡かせて茎凛然として芒 浮葉

芒の穂雲をほぐして風を呼ぶ かほる

あるがまま生きて芒となりにけり 都詩

 

明月や光と影の鬩ぎあひ 良江

満月についてくるなと言ってある 加津子

モノクロのなんと饒舌月今宵 智恵

月白や会はねばならぬ人の数 雅人

煩悩は人の血肉か月天心 徳美


鰯雲

今答えださずとも良し鰯雲 都

体内に海の満ち来る鰯雲 留美子

一湾にみすかされたる鰯雲

 

露の玉唯一無二となる修業 まさる

白露の身に海鳴りの揺れ止まず 明未

 

コスモス

なるようになるさコスモス揺れるから まさる

一面のコスモス畑風立てり 史子

コスモスや海風を知らない体 裕美

コスモスの風となるまで搖らぎゐる ふさ江

秋桜遠くの富士を揺らしをり 留美子

 

鹿

鹿の声呑み込みながら潮満つる 靖子

 

秋の・・・

人間は強くて弱し秋深む 亜紀彦

与太の秋いのちの根っこ生まれたり 晴美

山頭火忌まだ空いたまま裏の家 陽子

秋風に磨きをかけるバイオリン 壽賀子

秋雨の音なき音に目覚めをり ふさ江

 

いのこづち

殿をつとめてをりぬゐのこづち 姜子

 

月と話す昼は静かに家に居て 則子

十六夜の糸が一本切れている 忍

明月や橋の真ん中まで歩く 洋子

月天心うみのおさかなよくねむる 和美

月の夜私の影をおくところ 敏子

 

小鳥来る

小鳥来るひとりぼっちといふ至福 ときみ

 

夜長

饅頭の割られて乾く夜長かな 裕美

長き夜や伸びた分だけ爪を切る 一美

音いつもどこかに生まる夜長かな 美代子

淋しさが押し寄せてくる夜長かな 政子

 

澄む

水澄や我を見てゐるもうひとり 明未

 

花すすき風を解体してゐたる 富江

ひとときを芒のやうになびくなり 久子

揺れぬ芒原広がる無声映画 葦

乳母車芒の波に沈みたる 麻奈

 

紙漉

まだ重き水の変身紙を漉く 珠江

白濁の水を漉きつつ紙とせり 千鶴

 

「紫」2018年1月号(No.884)より

 

 

 

 

連絡先 

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

     TEL&FAX 048-251-7923 


2019.10.23 Wednesday 19:39

俳句ライフ

俳句ライフ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句ライフ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

10月23日放送分より

(表記は俳句スパイスによる)

 

今週の十生一句

天 新涼や手早く済ます薄化粧   (名無しさん)

地 ぽっと出のスターではない草の花 マヨマヨネーズ

人 喉元を過ぎたる夏を惜しみけり  よりみち

 

リスナーの投稿作品より

十二月田のマイクに咲きし草の花 のっち野田

*十二月田(しわすだ)川口にある地名

潮騒に目覚め岬の夏の霧     鵜澤利朗

くれなずむ教室の窓鰯雲     048

一瞬の流星願い間に合わず    深川牡丹

虫とても前世あるや籠の中    深川牡丹

 

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 

 季節先取り!冬の兼題 「霜」「セーター」「長葱」

 当季雑詠、自由題も大歓迎です。

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句ライフ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo


2019.10.21 Monday 19:38

「紫」2019年10月号・2

「紫」2019年10月号

大道無門(「紫」10月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

髪洗いつつ作戦を練っている     福島ときみ(無門集) 

 

尺蠖の成し遂げやうとする一歩    浅野都(無門集)     

 あの独特の動き方をする尺蠖虫でさえも、

はじめの一歩には、相当な覚悟と事精神力を求められる。

それは、尺蠖虫だけに限らず人間に於いても、同じ様なことが

言える。身を山なりにして踏み出そうとする一歩に

己自身をかけているのだと思える。

 

同門であったかほうたると私     金子和美(山紫集)

 

丸く収まり青花の鉢に冷奴      小林邦子(無門集)

 

メモ書きに汗が滲んでをりにけり   岡嶋澄子(無門集)

 何のメモ書きだかは解からない。急を要するメモなのかも知れない。

本人ではなく、他者の場合、身近な夫とすると買い物を頼まれての

メモということも考えられる。慣れない買い物だから、

緊張して汗を掻いている景とも取れる。急を要するメモなら

一層のことである。


               * * *

 

龍門集

いのちとは谷間の白き百合の花      渡辺まさる

なめくじり通ったあとの深轍       鈴木紀子

沈黙の万緑こそはおそろしい       関口晃代

 

無門集

噴水の吹き上げる刻邪念なし       小林敏子

古民家の孑孒すこぶる嬉々として     斉藤順

失ひし大きさを知る遠花火        斎藤久子

神官の大きな鍵や山開き         盒欣子

桐の花空は誰にも犯されず        福井ちゑ子

末っ子はそつなく生きるラムネ玉     村木友光

蜘蛛の囲の真ん真ん中という孤独     渡辺智恵

秘めごとの一つや二つ水中花       稲葉明日香

いちはつはすでに夜明けを告ぐ構へ    大滝徳美

 

山紫集

真っ直ぐにしか物言えぬ水羊羹      本宮珠江

攻めと守りぐんぐん伸びる夏の草     若山一美

はつらつと水切るあごの行き処      池田惠

夕焼や犬のうしろをついて行く      伊藤伯子

カルピスの水玉模様梅雨明けだ      国松洋子

太陽がいっぱいの甕蓮ひらく       篠田日織

蚊とんぼやピッチャーひとり熱視線    篠原葦

急いでも変わらぬ距離を急ぐ蟻      嶋野靖子

梅雨滂沱天水桶の不動なり        鈴木千鶴

水母にもあらがふ意志のありにけり    土田淳孝

失恋は羽化の前ぶれ浮いてこい      藤沢晴美

 

新星集

もてなしは竹の器と青田風        辻野喜久

冷奴柔に見ゆとも侮るな         城口弘子

さよならの今がしほどき古団扇      鈴木淑子

 

 

(「紫」2019年10月号・NO.905号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.10.18 Friday 19:37

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

 

次回は11月9日(土)です。

 

 

 

山十生主宰作品

風は秋どう転んでも我れは我れ  


山崎十生主宰選

天 そのときのための粧ひなりし山     徳美  
地 こんな日が来ると思はず酸橘搾る    みね子
人 秋桜揺れて基軸をとりもどす      ときみ
 

秀逸

  浮いている地球の齢蚯蚓鳴く      淳子

  月光浴浄化をするに如くは無し     智恵

  さわやかな顔になるまで歯をみがく   都詩

 

渡辺まさる編集長選

天 送信のボタンが押せぬ十三夜      和美

地 ハギビスの戦い続く幸彦忌       十生

 

鈴木紀子参与選

天 一切を天にまかせる猫じゃらし     壽賀子

地 そのときのための粧ひなり山      徳美

 

(2019/10/14 

 さいたま句会・さくら草句会 合同句会)

 

 

 

お問合せ:

紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.10.16 Wednesday 19:36

俳句ライフ

俳句ライフ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句ライフ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

10月16日放送分より

(表記は俳句スパイスによる)

 

今週の十生一句

 

天 大空の水を動かす草の花     マヨマヨネーズ

  一般的な表現から詩的にひねりを利かせた句。

  ひねりを利かそうとしすぎると、着地に失敗しがち。

  この句は着地も成功している。

地 マシュマロのやうな寝床や涼新た 月猫

人 鎌倉の仏見てより虫時雨     鵜澤利朗     

 

リスナーの投稿作品より

天の川水琴窟の響きかな    寄り道

風のくちづけに風鈴ひそと鳴る ふうりんこ

夏椿落花にまざりゐる蕾    大まめ小まめ

求愛はささやくがよし虫時雨  深川牡丹

 

*今週の作句ポイント!

 ・季語を説明しない!

 ・さり気なく表現してあると平凡に思えるが

  さりげなさの中に奥のある俳句が味わい深い。

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 

 季節先取り!冬の兼題 「霜」「セーター」「長葱」

 当季雑詠、自由題も大歓迎です。

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句ライフ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo


2019.10.14 Monday 11:49

紫のご案内

俳句結社「紫の会」では常時新会員を募集しております。

お気軽にお問合せ下さい。

双手を広げて歓迎いたします。

 

会費  会員  :月額1500円(俳誌代1000円含む)

    購読会員:月額1000円

 

連絡先 *紫発行所・山十生「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

 

初心者歓迎。

ご連絡お待ちしています。

 

当ブログ内カテゴリー(CATEGORY)

 右側欄外・下段(ARCHIVES 下方)→

「紫のこと」「支部紹介」「句会予定」も参考になさって下さい。

(古い情報も含まれています。ご注意下さい。)

「紫」HPもご覧下さい。

 

 


2019.10.11 Friday 14:59

重要!!吟行俳句大会中止のお知らせ

第17回吟行俳句大会中止のお知らせ

 

明日、10月12日(土)に予定されていた

埼玉県現代俳句協会主催・第17回吟行俳句大会は

台風のため中止となりました。

 

お近くの会員の方など、連絡の付く方がいらしたら

お知らせいただけたら幸いです。


2019.10.11 Friday 14:52

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
次回は11月3日(日)です。

会場注意!! 11月は川口市立幸栄公民館になります

 


山十生主宰作品

狛犬の力関係草の花     


山崎十生主宰選

 

天 いちどもかじったことのない檸檬齧る 邦子

地 月光下ぴくりと浮子が動きます    まさる

人 こまやかな身のこなしやう草の露   都

 

秀逸

ゆゑなくてゆゑなくてゐる夜長かな  珠江

はじまりはほんのりあかい芒原    葦

スポンジの水の吸収秋深し      順子

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 輪郭の有るか無きかに桃の影   智恵

地 はじまりはほんのりあかい芒原  葦

 

 

鈴木紀子参与選

 

天 はじまりはほんのりあかい芒原  葦

地 心臓のように脈打つ曼珠沙華   摩耶

 

(川口句会 2019.10.6)

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


<<new | 2 / 89pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.