2019.06.24 Monday 15:03

現代俳句50則

関口比良男・現代俳句五十則 26

 

俳句について語ることは、

自分について語ることである。

 


2019.06.21 Friday 07:46

俳句スパイスインターネット句会

俳句スパイスインターネット句会 5月 結果

 

兼題 「つい」

 

数字は得点

*はそのうちの特選の数

 

今回は山十生主宰にも選をいただきました。(赤字の部分)

インターネット句会は今回でしばらくお休みすることになりました。

 ご参加いただいた皆様、閲覧してくださった皆様、ありがとうございました。

 よろしければ今後の参考に、ご意見・ご感想などをお寄せください。

 

  1 今ここは地球らしいが心太 マヨマヨネーズ 2

  2  悲しみのついにころんと葛饅頭 蘭丸

人 3  夏怒濤追加オーダー願います Rin 2

○ 4  夏空が窓を鏡にしてゐたる 人見 4*

  5  ついと来て青葉に隠る二羽の鳥 すみれ

 

  6  神様の終の住処も梅雨晴間 はるくん 1

○ 7  一応はそんなこんなで心太 マヨマヨネーズ 1

  8  再生の意図も知らずに木下闇 玉子 1

  9  ゆうまぐれ滅びの影の白牡丹 すみれ

○ 10  愚連隊防止条例かき氷 蘭丸 3

 

  11  一枚二枚後は一気に扇風機 人見 1

  12  追跡を恐れていない蟻の列  Rin

  13  野生化のインコ叫びし心太 マヨマヨネーズ

  14  昼顔や似ても似つかぬ夜の顔 すみれ 1 

  15  約束をつい違へたり青鬼灯 人見

 

  16  不器用は天の賜物雲の峰 はるくん 2*

  17  父の日や母に声かけ遺影拭く 玉子

  18  つい手元狂いましたと尺取り虫  Rin 2*

  19  動物の恋もいろいろ心太 マヨマヨネーズ

○ 20  わたくしの半分は風芥子の花 蘭丸 5***

 

  21  胸中の寄り添ふ蕾七変化 玉子

○ 22  心太まさかお前が犯人か マヨマヨネーズ 1*

  23  押し寄せる血潮の騒ぎ盆踊り はるくん

  24  追伸が残ってをりぬ青胡桃 蘭丸

天 25  必要にして充分なあめんぼう 人見 1

 

○ 26  追伸と書いて止まる手雲の峰 Rin  2

  27  心臓を見せてるイエス心太 マヨマヨネーズ  

  28  それだけは御免首振る扇風機 すみれ 2*

○ 29  本当は箍が外れている海月 蘭丸 3

  30  惜しまれるついに休刊梅雨に入る 玉子

 

  31  深海の炎のごとく石榴咲く 人見 1

地 32  泣いたのは昨日のことよ牽牛花  Rin

  33  蛍狩りついこころにもないことを すみれ

  

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.06.19 Wednesday 09:25

俳句ライフ

俳句ライフ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句ライフ」放送中です。


6月19日放送分より(表記は俳句スパイスによる)

 

主宰作品紹介

緑青の屋根たんぽぽの絮越ゆる

 

今週の秀句紹介

花殻をつむや憲法記念の日 

(秩父むらさき句会5月例会 特選句)

 

遠雷や湖底の家の平面図

(紫さいたま句会5月例会 特選句)

 

今週の十生一句(番組リスナーの投稿句)

改元や津々浦々に風薫る 深川牡丹

 

*十生・俳句のワンポイント!

 声に出して読んでみるとわかることがある。

 俳句は散文でなく韻文、音律を大切に。

 リズムを大事にしたい。

 

*今月からパーソナリティは渥美佳代子さんです。

 今まで作ったことのない方もこの機会に、

 俳句初心者の渥美さんと一緒にスタートしてみてはいかがでしょうか。

 大切なのは「まずは作ってみる」ことだそうですよ。

 

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

 

放送曜日・時間が変わりました、ご注意下さい!!

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(インターネットでも聴けます)

 

*番組ではみなさんからの作品募集中です。

 兼題 「薫風」「汗」「ところてん・心太」

 当季雑詠、自由題もOKです

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句ライフ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo

 

 


2019.06.17 Monday 16:06

俳句スパイスインターネット句会

俳句スパイスインターネット句会 6月 

 

兼題 「 つい 」

5句選で、うち特選一句お願いします。

締切 6月19日(水)

 

選句は「コメント」欄へ

選評・感想・質問・意見など、ぜひご自由にお書き下さい。

 

結果発表:6月21日(金)予定

 

1  今ここは地球らしいが心太

2  悲しみのついにころんと葛饅頭

3  夏怒濤追加オーダー願います

4  夏空が窓を鏡にしてゐたる

5  ついと来て青葉に隠る二羽の鳥

 

6  神様の終の住処も梅雨晴間

7  一応はそんなこんなで心太

8  再生の意図も知らずに木下闇

9  ゆうまぐれ滅びの影の白牡丹

10  愚連隊防止条例かき氷

 

11  一枚二枚後は一気に扇風機

12  追跡を恐れていない蟻の列

13  野生化のインコ叫びし心太

14  昼顔や似ても似つかぬ夜の顔

15  約束をつい違へたり青鬼灯

 

16  不器用は天の賜物雲の峰

17  父の日や母に声かけ遺影拭く

18  つい手元狂いましたと尺取り虫

19  動物の恋もいろいろ心太

20  わたくしの半分は風芥子の花

 

21  胸中の寄り添ふ蕾七変化

22  心太まさかお前が犯人か

23  押し寄せる血潮の騒ぎ盆踊り

24  追伸が残ってをりぬ青胡桃

25  必要にして充分なあめんぼう

 

26  追伸と書いて止まる手雲の峰

27  心臓を見せてるイエス心太  

28  それだけは御免首振る扇風機

29  本当は箍が外れている海月

30  惜しまれるついに休刊梅雨に入る

 

31  深海の炎のごとく石榴咲く

32  泣いたのは昨日のことよ牽牛花

33  蛍狩りついこころにもないことを


2019.06.14 Friday 09:22

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

 

次回は7月7日(土)です。

 

山十生主宰作品

自在鉤見つめてゐたり桜桃忌


山崎十生主宰選

天 蜘蛛の糸見つかる時を待っている    珠江  
地 風鈴が風を鎮めてゐたりけり      智恵
人 羅の袖を通して羽化始む        喜久
 

秀逸

  足に合う靴をください多佳子の忌    加津子

  後もどり出来ぬかなしみ水馬      壽賀子

  百合の香の重さにガラス疲れをり    加津子

 

渡辺まさる編集長 

天 六角のエンピツ初夏の雨上がり     和美

地 青葉騒箍のゆるみが止まらない     澄子

 

鈴木紀子参与選

天 風鈴が風を鎮めてゐたりけり      智恵

地 ゆらゆらと揺れる金魚の炎かな     智恵

 

(さいたま句会 2019.6.8)

 

 

 

 

 


2019.06.12 Wednesday 09:22

俳句ライフ

俳句ライフ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句ライフ」放送中です。


6月12日放送分より(表記は俳句スパイスによる)

 

今週の秀句紹介

改元の余韻八十八夜かな

(紫おまぎ句会例会 特選句)

 

気が付けば負けて勝ってる冷ややっこ

(紫さくら草句会例会 特選句)

 

*今月からパーソナリティは渥美佳代子さんです。

 今まで作ったことのない方もこの機会に、

 俳句初心者の渥美さんと一緒にスタートしてみてはいかがでしょうか。

 大切なのは「まずは作ってみる」ことだそうですよ。

 

*十生・俳句のワンポイント!

「感動すること、関心を持つこと。

 自分が感動しないと人に感動してもらうのは難しい。」

「余白(書いていないところ)をどう読むか、

 それが俳句の仕事(楽しみ)。」

 

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

 

放送曜日・時間が変わりました、ご注意下さい!!

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(インターネットでも聴けます)

 

*番組ではみなさんからの作品募集中です。

 兼題 「薫風」「汗」「ところてん・心太」

 当季雑詠、自由題もOKです

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句ライフ」宛

メール pg@fm856.co.jp 

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo

 

 

 


2019.06.10 Monday 23:43

「紫」2019年6月号・2

「紫」2019年6月号

大道無門(「紫」6月号抄)    山崎十生 選・評
 

逃げ水の純度どんどん高まれり    浅野都(無門集) 

 タクシーに乗って農村地帯にかかった時、逃げ水の現象に

遭遇したことがある。池の中を車が突っ込んでゆくようで

一瞬「あぶない」と叫んでしまったことがある。掲句の

妙味は、逃げ水に純度を認識したところにある。怪しくも

美しくもある逃げ水への憧憬。

 

蜆汁すすり少しづつ宥す       鈴木紀子(龍門集)     

 

陽炎に阿吽の呼吸ありしかな     森壽賀子(龍門集)

 自然現象の中でも、蜃気楼や陽炎は俳人の魂を刺激する

代表的なものである。その陽炎に呼吸を感取し、阿と吽を

捉えたところには、詩としての象徴性を促すに余りある。

阿は万物の初めであり、吽は万物の終わりを象徴し、

陽炎と自己の一体化を成し遂げている。

 

見たくないもの見る勇気朧かな    島村治子(山紫集)

 

尻もちをついたところが春でした   渡辺まさる(龍門集)

 


               * * *

 

龍門集

土塊の鼓動たしかに梅あかり       若林波留美

 

無門集

娘に妻に放し飼ひされ野に遊ぶ      折原野歩留

描いても描いても飢えている春の泥    小林邦子

いい人が一番苦手山笑ふ         斎藤久子

行間にあふるる思ひ原発忌        島田良江

平成の次の名知らず鳥帰る        鳥海美智子

蘆の角いっぽんは杖いっぽんは星     福島ときみ

さくらさくらあのあたりには帰れない   山加津子

情緒不安それも成長山桜         依田壽子

竜天に遥かの海が見えるまで       渡辺智恵

路面凍結群青の午前四時         新井富江

 

 

山紫集

豆の花ちょっとそこまでの家出      藤沢晴美

大方は自分に戻るしゃぼん玉       本宮珠江

月おぼろ畳めば物に角作る        伊藤伯子

かみあはぬ会話そのまま薄氷       大塚美代子

まだ死ねぬ薄氷のごと生きようか     小眄子

春愁やトングで揚げるチキンカツ     金子和美

折鶴をほどいてゆけば雪淡し       久下晴美

どうでもいいいえいえそれは花なずな   齋院志津子

短くはないあいさつで卒業す       椎名和夫

質問はさせない手口春日傘        篠原葦

忘れたき過去は突然薄氷         嶋野靖子

真相を赤裸々にする遊糸かな       鈴木千鶴

誂へし車椅子にて春惜しむ        瀧恒雄

春あけぼの物語なら一ページ       仁村俊子

 

新星集

氷解く静かに熱いハーモニー       永吉洋子

遅くともいざとなったら陽炎へり     宮澤順子

 

(「紫」2019年6月号・NO.901号より)

 

 


2019.06.07 Friday 16:49

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
次回は7月7日(日)です。


山十生主宰作品

松の葉と記されし封や釣忍


山崎十生主宰選

 

天 六月十日修正液がなくなった   邦子

地 つつましく装ひし薔薇の反抗   順

人 こつこつとこつこつこつと白い靴 壽子

 

秀逸

花合歓の風に染まらず風を生む    都

これ以上仕掛けは御法度蜘蛛の糸   順

選球眼鍛へなければラムネ抜く    成美

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 六月十日修正液がなくなった     邦子

地 青葦原ざわざわ言葉生みはじむ  紀子

 

 

鈴木紀子参与選

 

天 六月十日修正液がなくなった   邦子

地 はつ夏や足をぶらぶらさせて待つ 和美

 

 

 

(川口句会 2018.6.2)

 

 

 

 

 

 

 


2019.06.05 Wednesday 12:21

俳句ライフ

俳句ライフ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句ライフ」放送中です。


6月5日放送分より(表記は俳句スパイスによる)

 

今週の秀句紹介

傷つくも癒すも言葉薔薇の花

(紫ミューズ句会4月例会 特選句)

 

出目金の天下無双の泳ぎかな

(紫川口句会5月例会 特選句)

 

番組投稿句 「今週の十生一句」

ジョギングの父と子桜吹雪かな とこちゃん

 

 

 

*今回からパーソナリティは渥美佳代子さんです。

 今まで作ったことのない方もこの機会に、

 俳句初心者の渥美さんと一緒にスタートしてみてはいかがでしょうか。

 大切なのは「まずは作ってみる」ことだそうですよ。

 

 

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

 

放送曜日・時間が変わりました、ご注意下さい!!

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(インターネットでも聴けます)

 

*番組ではみなさんからの作品募集中です。

 兼題 「薫風」「汗」「ところてん・心太」

 当季雑詠、自由題もOKです

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句ライフ」宛

メール pg@fm856.co.jp 

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo

 

 

 

 


2019.06.03 Monday 23:24

「紫」2019年6月号・1

「紫」2019年6月号 

 

「紫」はその前身である「花野」が、昭和16年10月に

創刊されて以来、先月号で900号に達しました。

5月号の「紫」は創刊900号記念の特別編集となっています。

ご購読をご希望の方は事務局までご連絡ください。

 

**************************

 

龍門集より

黄牛を求め青きを踏みにけり     山崎十生
遠からぬ黄泉の国へと目借時

春の宵手持無沙汰はめでたけれ



見えぬ傷深くにありて春の雪     渡辺まさる

海老蔵のごとくに春の五重塔

 

地平線まで行かば行かばとつくし摘み 鈴木紀子

蜆汁すすり少しづつ宥す


「老いながら椿」となって鷹女舞う  関口晃代 

「帶しめて」と鷹女・りんりんと

 

土塊の鼓動たしかに梅あかり     若林波留美 
いぬふぐり大きな月をまろばせり

 

陽炎に阿吽の呼吸ありしかな          森壽賀子
ふつふつと血がさはぐなり芽木の空

 

(「紫」2019年6月号・NO.901号より)

 

 

 

 

 


<<new | 2 / 83pages | old>>
 
PR
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.