2020.01.24 Friday 15:41

紫季語さんぽ

紫季語さんぽ 1月

 

対面か隣か細雪しんしん           十生

能面の裏のくらやみ雪しんしん 加津子

雪に音なくてさみしき少女かな  則子

雪原の足あと百の物語             留美子

雪しんしん醤油の瓶がキュウと鳴く 晴美(K)

 

風花

風花のひとひらづつにありし音 十生

言伝は風花の舞ふ昼下がり     ときみ

風花を葬の極みと言ふべきか    徳美

よく揺れる富山電鉄風花す       邦子

 

夜空

厳然と山はありけり冬の月       泰子

遠ざかるもののいろいろ冬銀河 久子

決心と決意の狭間撞き冴ゆる    摩耶

らしくない言葉のゆくへ冬銀河 伯子

一村を浄めるごとく冬月光       和夫

 

潮満つる音を枕に山眠る   みずほ

忘れられるものみな忘れ山眠る 敏子

 

氷柱

楽天家ぶりを発揮の氷柱かな    十生

りんりんと光をみがく大氷柱   壽賀子

無となりて見じろぎもせず氷柱かな 公子

同道の青息吐息軒つらら      徳美

 

初氷とける悦びしりました  成美

迂闊にも策に嵌って氷りたり 和美

 

水仙

水仙の茎はもののふ日本海 波留美

靴音もかがやくものよ寒水仙 壽子

野水仙崖の上から見えぬ崖  智恵

 

風あらば風にもたれし枯尾花 かほる

丹田に力を込める冬田かな  美代子

除夜の鐘一撞きごとに軽くなる 史子

繁るより今はのびのび枯木立  麻奈

 

日向ぼこ

充分に生きた証しの日向ぼこ    瑠璃

日向ぼこあの世は混んでいるそうな 博子

もう人に戻らぬつもり日向ぼこ   伯子

 

初日

水平線をぶち切ったる初日 まさる

万物に無言のエール初日の出 一美

全員の揃ふを待ってゐる初日 宣代

両の手に平に降りる初日かな 明未

 

新年

初富士や空の丹田かもしれず 明未

一族で最年長となる今年  礼以子

思いもよらぬ私がそこに初鏡 友光

大らかに重なりあえば鏡餅 加津子

医学部の匂ひの中の鏡餅  野歩留

颯爽とお年始のごと診察台 志津子

 

七草

七草や水の音さへうすみどり 富江

七草や元は他人の半世紀   宣代

 

体にも潮の満ち干や寒の入り 紀子

ひと言は単刀直入寒の水   都詩

 

話し手と聞き手は互角鶴の舞    都

人間をさらりと捨てて鶴となる 明日香

梟に聞いてそれから人に聞く  千恵子

 

暮らし

風癒えず妻はをろちと睦をり   雅人

みんな風邪だね星拾へさうな眼で 裕美

短日の割りには一日の長し    和夫

目くばせを忘れているか雪女   空間

動かぬは考えへてゐる凧     紀子

 

いたづらのやうにおでんの結び昆布 裕美

あれとそれ二人は承知みかんむく  三恵

ふつふつとご飯炊く音春隣    美智子

まだ彼に言えない話冬いちご   晴美(F)

若干のジェラシーはある干大根  みちこ

 

「紫」2018年4月号(No.887)より

 

 

 

連絡先 

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

     TEL&FAX 048-251-7923 


2020.01.22 Wednesday 09:20

俳句らいふ

俳句らいふ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句らいふ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

1月22日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

天 葱切って背中で聞いている話   みん

地 星月夜都会はフィズの泡の中   手風琴  

人 フクシマの葱まっすぐに星を見る マーガレット

 

リスナーの投稿作品より

新聞を広げ爪切る文化の日     どんぶらこ

セーターの胸にアロハと編んであり 深川牡丹

寒柝の遠離りゆく屋敷林      承知の助

富士山を遠くに眺め初詣      渥美佳代子

 

 番組ではみなさんからの作品募集しています。

 冬の句、新春の句、そろそろ春の句もお寄せ下さい。

 

 春の兼題 「春の夜」「しゃぼん玉」「蝶」「すみれ」

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.01.20 Monday 15:38

「紫」2020年1月号・2

「紫」2020年1月号

大道無門(「紫」1月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

いちどもかじったことのない檸檬齧る 小林邦子(無門集) 

 作者は、いつも新たな視点で作品を発表している。

掲句にしても散文調を最大限に生かしている。単なる叙述で

あっては詩は生まれない。単なる叙述に見えてそうではない

レトリックは、悟道にも等しい。現実と非現実の狭間に詩的

エネギーは存在する。その典型的な一句。

 

月光下ぴくりと浮子が動きます    渡辺まさる(龍門集)     

 

そのときのための装ひなりし山    大滝徳美(無門集)

 「山装ふ」と言う季語の恩寵を全面的に受けている作品である。

その恩寵を花開かせる装置は〈そのときのための〉という措辞である。

一体、〈そのとき〉とは、どんな場面を想定しているのであろうか。

俳句は読み手の文芸と言われている。非日常的な神秘の世界を想起する。

 

細やかな身のこなしやう草の露    浅野都(無門集)

 

こんな日が来ると思はず酸橘搾る   猪熊みね子(山紫集)

 


               * * *

 

龍門集

露の橋つひに振り返らざる背中      鈴木紀子

見え初めし山なみ招き寄す穂草      若林波留美

一切を天にまかせる猫じゃらし      森壽賀子

 

無門集

風だけが芒の力を知ってゐる       斎藤久子

爽やかや犬に見せてる力こぶ       島田良江

芒には手を振る準備できてをり      鳥海美智子

冷まじき完の一字のおろかさよ      福井ちゑ子

白秋や留め金ずれるネックレス      山加津子

爽やかな顔になるまで歯をみがく     山田都詩

月光浴浄化をするに如くは無し      渡辺智恵

熱きとは限らぬ火種ゐのこづち      新井富江

いささかの力もみせず萩こぼる      かみのみずほ

引き返す目印の無き薄原         後藤宣代

 

山紫集

ゆゑなくてゆゑなくてゐる夜長かな    本宮珠江

絶え間なく息をしている刈田かな     吉野日出美

露の玉天地を映し転がりぬ        若山一美

草紅葉なくした影をとり戻す       伊藤伯子

そぞろ寒髪を束ねし僧の夫        内田幸彦

秋うららパパの本格的カレー       金子和美

馬肥ゆる土手の老舗の黒光        神尾久雄

有難う言えるといいね銀木犀       齋院志津子

秋の灯や言ひたきことは追伸で      椎名和夫

はじまりはほんのりあかい芒原      篠原葦

絮となり生命繋げる秋の草        清水たまき

本題にたどりつけずに木の実降る     下田純子

 

 

新星集

スポンジの水の吸収秋深し        宮澤順子

本心は風吹く処ねこじゃらし       辻野喜久

 

(「紫」2020年1月号・NO.908号より)

 

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.01.17 Friday 15:35

紫新春句会

 「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 

毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で

午後1時から4時30分に開催しています。

各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

 

*次回は2月9日(日)の予定です

 

 

2020年1月13日、恒例の新春句会が

浦和コミュニティセンターで開かれました。

当日は合わせて第41回星雲賞授賞式も行われました。

出席者・欠席投句会わせて116句が出揃いました。

選句は一人5句。秀作揃いでしたので、皆さん選句は大変です。

真剣ながら和やかな盛会となりました。

今年一年間の皆様の御健康と御健吟をお祈り申し上げます。

 

 

主宰・編集長・参与作品

 

湯たんぽも我れを頼りにしたゐたり 十生

松林図屏風の余白初明り      まさる

松納め鳩が遠くへ行くように    紀子

      

 

山崎十生主宰選

 

天 休ませていただきますと滝凍てる    澄子 

地 素といふは斯くも馨はし初鏡      徳美

人 咲いたのか咲かされたのか寒牡丹    しゅういち   

 

秀逸

引く波を追ふ砂ありて月天心        博子

初凪の光の中の呼気吸気          杏子

寒林やゼロにゆきつく数え方        加津子

痛そうに空晴れわたる枯野かな       ふじ子

アポ無しで降りてきたのか初雪       晴美

 

渡辺まさる編集長選

天 ボブ・ディラン何しているの新年よ   葦

地 ぎこちなき成人の日の静電気      伯子

 

鈴木紀子参与選

天 見えざるもの両手で受くる初日の出   一美

地 凍蝶のさだかならねど影の揺れ     喜久

 

 

          (さいたま句会 2020.2.13)

 

 

当日の様子

 

星雲賞受賞者と

主宰をはじめ選者のみなさん

 

 

 


2020.01.15 Wednesday 09:20

俳句らいふ

俳句らいふ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句らいふ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

1月14日放送分より

(表記は俳句スパイスによる)

 

お正月企画

前回に引き続き昨年末職業体験授業に来た地元中学生の作品紹介です

今回は領家中学校・仲町中学校一年生のみなさんです

 

一月はお餅を食べて月を過ごす かじたくと

      →「月」を「日」にすると良い

十二月ホビーたくさん発売だ  棒人間

お正月お年玉でお買い物    しらとあいる

 

・リスナーの投稿作品より

福福しパンダ模様の嫁が君     ふくふくパンダ

恭しく衿を正せり初稽古      クリーン

ひめはじめ箸の長さは一咫半(ひとあたはん) 俳句スパイス

セーターを脱いで小さな星を生む  ひつまぶし

蜜柑積む小さき日溜まりつくるやう ぴっかり

 

ポイント解説

嫁が君・・・新年の季語 ネズミの忌み言葉

咫・・・親指を直角に開いたときの、親指と人差し指の間の長さ

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

 番組ではみなさんからの作品を常時受け付けています。

 冬の句、新春の句、そろそろ春の句もお寄せ下さい。

 春の兼題 「春の夜」「しゃぼん玉」「蝶」「すみれ」

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.01.13 Monday 15:43

現代俳句50則

関口比良男・現代俳句五十則 31

 

句会に出席するのは、

信仰心を失わぬために、

社寺・教会に出かけるようなものである。

 

 


2020.01.10 Friday 15:34

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
次回は1月5日(日)です。

 


山十生主宰作品

鏡餅水平線と同じ位置  


山崎十生主宰選

 

天 あらたまの月の光を浴びる行   まさる

地 独楽回るよく廻ってるほど静か  一美

人 星冴ゆる一つ取柄があれば良い  成美

 

秀逸

枯葉降る音誘ふや夜の静寂      みずほ

またぞろの安全神話霜柱       紀子

過ぎたこと丸洗いして松飾る     文子

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 鏡餅水平線と同じ位置      十生

地 凍滝となるため総て捨てにけり  壽賀子

 

鈴木紀子参与選

 

天 あらたまの月の光を浴びる行   まさる

地 丁寧に書くつもりなる初日記   友光

(川口句会 2019.12.1)

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.01.08 Wednesday 15:33

俳句らいふ

俳句らいふ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句らいふ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

1月8日放送分より

(表記は俳句スパイスによる)

 

お正月企画

昨年末職業体験に来た地元中学生の作品紹介です

今回は鳩ヶ谷中学校一年生のみなさん

 

恐ろしい伝説妖怪雪女       駅伝部

大寒波こんな日にはちゃんちゃんこ とらべろ

雪だるま一日限りのお友達     はるのこ

年明けて富士山頂上雪かかる    方向音痴

 

リスナーの投稿作品より

焼根深童返りの伯母と食う マヨマヨネーズ

木枯は去ったが私は残った くるまや

払暁の八千草に華霜の花  鵜澤利朗

落ちている知恵の輪の上霜下りる ツナ缶

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

 番組ではみなさんからの作品募集しています。

 そろそろ春の句のご準備もよろしくお願いします。

 当季雑詠、自由題も大歓迎です。

 

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.01.06 Monday 15:32

「紫」2020年1月号・1

「紫」2020年1月号 

 

龍門集より

花芒求心力を高めたり        山崎十生
澄む水は遠心力を発揮せり

狛犬の力関係草の花



月光下ぴくりと浮子が動きます    渡辺まさる

秋の朝すこし人間ぎらいです

 

四次元へ転び落ちゆく芋の露     鈴木紀子

生きぬくコツ覚えた順に柚子は黄に


耳飾りとればたちまち青谺      関口晃代 

天地創造X線は水びたし

 

見え初めしやまなみ招き寄す穂草    若林波留美 
明けぬ夜はなきと信ぜり神無月

 

一切を天にまかせる猫じゃらし        森壽賀子
精霊のまぎれ込んでる芒原  

 

 

(「紫」2020年1月号・NO.908号より)

 

 

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.01.03 Friday 15:50

山十生です

御挨拶(「紫」1月号より)       山十生

 

 新年明けましたおめでとうございます。

昨年は紫900号記念号を5月に刊行できましたこと

嬉しく存じます。これも、偏に会員諸氏のお蔭と

感謝申し上げる次第です。

 本年は、「紫」創立八十周年を一年後に控えました、

プレ八十周年に当たります。関口比良男の1000句集の

刊行と八十周年記念祝賀会の二大事業を完遂するための

準備期間でもあります。

 紫全国俳句大会や彩の国秩父俳句大会、

彩の国ベガ俳句大会等におきましても

「紫プレ八十周年」を冠した俳句大会にしたいと思っております。

それには、昨年のラグビーワールドカップ2019日本大会の

「ワンチーム」と同様に一段と結束力を固めて強力を

頂かねばなりません。また「紫」の関係する現代俳句協会の

会員像、事業への協力も皆様に積極的に取り組んで

いただきたいと思います。たとえ、無駄と思える時間や

労力の投資というものは、長い目で見れば、自分自身に

還ってくるものです。

 現在、俳壇は高齢化現象が頓に高まっております。

我が「紫」に於いても例外ではありません。

私が主宰となりましたのは51才で、来月には七十三才を

迎えますので、それから22年も経過しているわけですから、

行動を共にしている方も同様です。これからは健康第一に

私自身も考えております。句会は、ある意味で元気の素でも

ありますので極力参加したいものです。

 

 


<<new | 2 / 92pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.