2020.09.02 Wednesday 09:20

俳句らいふ

俳句らいふ

 

9月1日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

*リスナーの投稿作品より

「杉桶や入りて涼しき醤油蔵」奥の手

 蔵などは外の温度とだいぶ違う 

 入った瞬間ひやっとする温度差を感じ取った

 何代か続いているような醤油蔵

 杉桶を持って来て歴史のある蔵を引き出している 

 

「いつまでも続くしりとり夏薊」 バーバーぷりん

 小さい子同士か それを見ている親や祖父母か

 夏薊に特にこれという限定はないが、

 鋸の歯のような葉っぱに「切れる」のやや因果関係あるか 

 

「汗拭う鏡を見ながら運調べ」 マニキュア

 占いの好きな女性の感じ 

 いい一日でありたいという期待感

 

「胡麻の花細い手首は家系です」 にゃんわり

 手首の太さに家系が出ているという

 足首もあるが手首に持って行ききれいな仕上がりとなった

 胡麻の花のイメージが手首の細さに重なったか、

 逆にイメージを胡麻の花から引き出したか

 

・今週の天・地・人

天「波音と葉擦れの交差ハンモック」さえこ

 海があって近くに緑もある非常にいい場所にいる感じ

 ハンモックで休んでいる優雅な感じ 憧れてしまう

 気持ちが洗われる感じ いいところに目を付けた

 実際のことでなく願望でもいい

 願望を句にすることも差し支えない

 

地「峰々を従えている立葵」サイコロ

 本来なら峰々が立葵を従えていると見るのが普通

 逆の方法で作っている

 小さな立葵が大きな嶺嶺を従えている

 立葵から見た物の見方 

 写真などの構図としては遠近のあるいい構図

 

人「緑蔭と相性のいい文庫本」ミストレイン

 緑蔭で文庫本を読んでいる絵か、

 本を顔に寝ている絵か

 色々あるがとにかく相性がいい

 持ち歩くにもふさわしい

 大きい本は合わない感じ

 

〈十生俳句ポイント〉 

 「見えないものを見るのも俳句の一つの仕事」

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 秋の兼題募集始めました。

 秋の兼題 「鰯雲」「木の実」「菊」「銀河」「秋の風」

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 火曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  火曜日 午後7時〜7時20分 

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.08.31 Monday 16:14

句会のご案内

2020年9月の句会予定 

 

*新型コロナウイルス感染拡大のため休会・変更が多くなっています。

 個別にお問合せの上ご参加下さい。

 

下記の会は通信句会を行います。

作品投句後、各自選句を行います。

 

紫川口句会   作品3句 9月7日(月)締切

        *94円切手添付の宛名入りの返信用封筒(1通)と

         会費(千円)をお送り下さい。

 

紫さいたま句会 作品3句 9月10日(木)締切

        *94円切手添付の宛名入りの返信封筒(2通)と

         会費(千円)をお送り下さい。

 

さくら草句会  作品4句 9月10日(木)締切

        *94円切手添付の宛名入りの返信用封筒(1通)と

         会費(千円)をお送り下さい。 

 

紫通信句会   作品5句 9月8日(火)締切     

        *初めての方は9月5日までに

                           作品・会費をお送りください。

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間受付:返信には時間のかかることがあります)

 

「紫の会」 

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 受付時間 9:30-20:00 時間外の連絡はご遠慮下さい)

 


2020.08.28 Friday 16:09

紫のご案内

俳句結社「紫の会」では常時新会員を募集しております。

お気軽にお問合せ下さい。

双手を広げて歓迎いたします。

 

会費  会員  :月額1500円(俳誌代1000円含む)

    購読会員:月額1000円

 

連絡先 *紫発行所・山十生「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

 

初心者歓迎。

ご連絡お待ちしています。

 

当ブログ内カテゴリー(CATEGORY)

 右側欄外・下段(ARCHIVES 下方)→

「紫のこと」「支部紹介」「句会予定」も参考になさって下さい。

(古い情報も含まれています。ご注意下さい。)

「紫」HPもご覧下さい。

 

 

 


2020.08.26 Wednesday 09:20

俳句らいふ

俳句らいふ

 

*7月より放送曜日が火曜日となっています。

 ご注意下さい。

 

8月25日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

*リスナーの投稿作品より

「花嫁のスポットライト濃紫陽花」マーガレット

 濃紫陽花「こあじさい」と読む

 美しい花嫁を紫陽花が一段と美しくしてくれる

 紫陽花がスポットライトの代わり

 

「草刈りの角が立つので止めておく」 振り子

 何をや止めるのか

 一緒に草刈りをしている人に何か言おうとして言わずにおくのか、

 隣の分まで刈ってしまおうかと思うがよしておく、など

 いろんな考え方がある 

 

「馬鈴薯の花の入った紙コップ」 ふくふくパンダ

 摘んですぐか家に帰ってのことか

 立派な花瓶より紙コップの方が似つかわしい

 紙コップを選んだことで馬鈴薯の花が主役になった

 言葉の選び方がよくできている

 

「緑さすサラブレッドの毛艶」 スピノザ

 「緑さす」は新緑

 その青葉とサラブレッドの毛艶

 色の対比がよかった

 

・今週の天・地・人

天「ラジオからあの時の歌夏の雲」テクマクマヤコン

 青空と雲の白さの対比もよい

 この句で一番大事なのは「あの時の歌」

 「あの時」とはどんなときか 想像させてくれる

 指示代名詞の効果が非常にある

 うれしかったか、悲しかったかが「あの時」にある

 夏の終わりの感じもしてちょっと淋しい 

 「あの時」をどういう風に想像するかによって変わってくる

 

地「息抜きの夏野原にはロバがいる」ツナ缶

 何か仕事の合間に野原に目を向けるとロバがいるという

 ただそれだけの情景だが、ロバがいることで

 息抜きがよくできるという感じが 気が休まる

 今の景か、昔の思い出の中の一つか

 おだやかないい光景

 

人「新しもの好きは変はらずパナマ帽」カモン

 新しいものに飛びつく人とそうでない人

 パナマ帽以外でも新しいものにチャレンジしていそう

 

〈十生俳句ポイント〉 

 「外出しずらい時期を、句を作る以外に

  詠むチャンスの時間と捉えて勉強も」

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 秋の兼題募集始めました。

 秋の兼題 「鰯雲」「木の実」「菊」「銀河」「秋の風」

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 火曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  火曜日 午後7時〜7時20分 

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.08.24 Monday 15:19

現代俳句50則

関口比良男・現代俳句五十則 35

 

努めて意見を交換せよ。

人の意見は虚心に聴くべきである。

 

 


2020.08.21 Friday 16:06

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

 

*今月は通信句会でした。

 来月も通信句会の予定です。

 

主宰作品

雲を狩る伸るか反るかのつばめ魚  十生


山崎十生主宰選

天 まだ見ない正面がある曼珠沙華  順子 
地 蝉しぐれ付和雷同といふなかれ  都詩
人 むぎゅむぎゅと水着へからだ押し込みぬ 宣代

 

秀逸

  きのふとは違ふ日常水中花    晴美(K)

  ヒロシマ忌いつも私の誕生日   ときみ

  汗たちよ額通行禁止です     ゆふ

 

渡辺まさる編集長選

天 むぎゅむぎゅと水着へからだ押し込みぬ 宣代 

地 八月や鋏を持っていないぼく   和美

 

鈴木紀子参与選

天 八月や声にならない声あふれ   壽賀子

地 追伸の一行夏帽子ひらひら    加津子

 

2020年8月8日(通信句会)

お問合せ:「紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.08.19 Wednesday 09:20

俳句らいふ

俳句らいふ

 

*7月より放送曜日が火曜日となっています。

 ご注意下さい。

 

8月19日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

*最近の句会から(通信の句会より)

 

「グッピーに際疾い話聞かせをり」 伯子

 子どもには聞かせたくない様な話も

 グッピーだからよい 気心知れた仲

 ひとり暮らし感

 

*リスナーの投稿作品より

 

「奥ゆかし少女をりけり石清水」 とけい

 今は少ないか 今の時代でなく過去の話でもよい

 清廉な感じ 石清水が流れている、掬って飲んでいるなど

 色々な情景が浮かぶ 奥ゆかしさを季語がアシスト

 

「それとなく告げた反応夏みかん」 知覚過敏

 意味深な句

 それとなく告げたがその反応があまりよろしくなかったのでは

 「告げた反応?」か「告げた反応!」か

 さっぱりか苦いか、

 夏みかんがどちらかの答かを示してくれている

 

「ペン先で突き合う仲シャーベット」 ありんこジャム

 クラスメイトのような、いずれにせよ仲良し

 そんな2人が一緒にシャーベットを頂いている 

 

・今週の天・地・人

天「初恋は今も有効咲くカラー」バーバーぷりん

 初恋に思いがある 印象が強い

 何かのたびに自分のエネルギーになる

 カラーの包まれているような感じ、優しさの中にいる感じ 

 

地「後悔のない今回の大夕焼」ふくふくパンダ

 今までは後悔ばかり

 今回に限っては後悔がない

 何か身の回りにあった

 大夕焼けの素晴らしさが後悔をないように導いてくれた

 物事が上手くいった

 

人「ひまわりの迷路の仲で手をつなぐ」キャリネコ

 子ども同士ではなく十代の友達同士の感じ

 

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 秋の兼題募集始めました。

 秋の兼題 「鰯雲」「木の実」「菊」「銀河」「秋の風」

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 火曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  火曜日 午後7時〜7時20分 

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.08.17 Monday 11:04

紫川口句会

紫川口句会

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第一日曜日、川口市立西公民館(JR川口駅西口・徒歩5分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。
 

今月は通信句会でした。

来月も通信句会を予定しています。

締切 9月7日(月)


山十生主宰作品

ぎざぎざは段段と書く原爆忌     十生 


山崎十生主宰選

 

天 秋天は洗ひざらしの窓である   千鶴

地 香水は見えない足枷に変わる   摩耶

人 握りしめるものがない噴水のてっぺん 壽賀子

 

秀逸

シンプルなものほど深い雲の峰    節子

これまでかこれからなのか揚花火   一美

八月の雲は黙ったままである     まさる

 

 

渡辺まさる編集長選  

 

天 子どもにも固い桃にもある言い分 摩耶

地 ふむふむと目が笑ってる心太   邦子

 

鈴木紀子参与選

 

天 パンのみに生きた訳ではない桔梗 壽子

地 自らを信じ切ってる水鉄砲    みね子

 

(川口句会 2020.8.7通信句会)

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.08.14 Friday 15:50

「紫」2020年8月号・2

「紫」2020年8月号

大道無門(「紫」8月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

マネキンの凭れてをりぬ夜の新樹  辻野喜久(新星集) 

 深夜、マネキンが屋外に置かれている構図は、

日常的には見ることはない。しかし、詩の世界では、

リアルにマネキンが木に凭れているということは肯定できる。

何か妖しい光を帯びて新樹に凭れている構図は

別世界のようでもある。マネキンの魂が漂っている。

 

こころざし高く持ちたる余り苗    森壽賀子(龍門集)     

 

人になど触られたくもない毛虫    白戸麻奈(山紫集)

 

蜘蛛囲ひ出口知りたきゃ蜘蛛に聞け 池田ゆふ(新星集)

 中七以下の命令調とも思える措辞に圧倒されてしまった。

一瞬「はい」と応えて直立不動の姿勢になってしまいそうである。

蜘蛛の囲は、どのように張られて行くのか不思議でならない。

蜘蛛自身は、しっかりと自分自身には粘らずに

出口を把握しているのである。

 

数字ではなくて人の死青嵐       渡辺智恵(無門集)

 


               * * *

 

龍門集

万緑という大胆なものがある   渡辺まさる

月日とは光の束よ青田風     鈴木紀子

 

 

無門集

側にいて見守っている余り苗   鳥海美智子

青葉風まなこ閉じればそこは海  西本明未

無駄話のやうでなかなか花菖蒲  村木友光

桜蕊降るゴッホの耳の嘆きほど  山加津子

鉄線花見つめていたのは川の水  依田壽子

なんとしても螢を守る水でゐる  浅野都

氏神の四手ひらひらと黄山吹   新井富江

菖蒲湯のしやうぶ切先研いでゐる 岩切雅人

頼もしい初乳のちから五月晴   久下晴美

それは郭公を待っている朝でした 小林邦子

 

山紫集

指切りの有効期間レース編む   若山一美

バナナ剥く二人のほくろ同じ場所 伊藤伯子

蝸牛それでも前しか見つめない  猪熊みね子

口紅はコーラルピンク風五月   大塚美代子

目の前は池と青葦スクワット   小田島洋子

柿若葉ほどよい距離はこのくらい 齋院志津子

見渡せば筑波の恵み青田風    渋谷芳夫

夫に似て脱ぎっぱなしの竹の皮  下田純子

揺らぐ身を遮るほどの青田風   鈴木千鶴

万緑のさざめく命浴びながら   土田淳孝

神仏のあつまりと言ふ松の蕊   松井寿恵

ハードルの高き雑学風薫     本宮珠江

 

新星集

青嵐引くも進むも躊躇せず    鈴木淑子

朝涼や消毒液をワンプッシュ   永吉洋子

肉汁にまみれるナイフ夏に入る  宮澤順子

 

(「紫」2020年8月号・NO.915号より)

お問合せ:

 

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.08.12 Wednesday 09:20

俳句らいふ

俳句らいふ

 

*7月より放送曜日が火曜日となっています。

 ご注意下さい。

 

8月11日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

*最近の句会から(通信の句会より)

 

「一発逆転一滴の香水」 みね子

 二句一章の作品。いろんな意味で幅広く読み取れる作品

 

 

*リスナーの投稿作品より

 

「滝しぶきワイングラスにうけている」 ふくふくパンダ

 場面設定がよい

 

「夏めいたガラス工房風通う」 ありんこジャム

 仕事前の工房の様子か

 窓を開けてこれから仕事が始まる気持ちのいい句

 

「四十雀音符の群れを連れてくる」 ツナ缶

 音符が生きている

 四十雀の白と黒のコントラスト 

 「群れ」が四十雀のいろいろな仲間と見た

 

・今週の天・地・人

「トマト持ち閉店中の店に着く」ふくふくパンダ

 不思議な句、「閉店」は休みなのか休業なのか

 コロナによるのか 業者なのか友人なのか

 謎が多い 謎を解くのが楽しい

 良くわからない感が読みがいろいろできる

 一つでないのが俳句の楽しさ

 

「苔の花鎌倉古道切通し」承知の助

 古い街道に切り通しがあり、苔の花が見える

 古都鎌倉をイメージした作品として評価

 

「コロナ禍に気高さ際立つ蓮の花」美豚

 コロナでみんなは苦しんでいるけれど

 蓮の花は凛と咲いて、際立っている

 朝の空気、コロナに対する思い、蓮の花に対する思い

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 秋の兼題募集始めました。

 秋の兼題 「鰯雲」「木の実」「菊」「銀河」「秋の風」

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 火曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  火曜日 午後7時〜7時20分 

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


<<new | 2 / 102pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.