2019.12.09 Monday 14:05

「紫」2019年12月号・2

「紫」2019年12月号

大道無門(「紫」12月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

グラスにはイニシャル流星に王子   宮澤順子(新星集) 

 よく、グラスに金文字で描かれているのを見かける。

この作品は、二重構造になっていて、意味を解すると言うよりも、

読者が、どう感取するかにある。特に、流星にも王や王子があるというのは、

独特の感性であると共に、俳句には、まだまだ輝く未来があると感じさせる。

 

水の秋一円相の中は空        渡辺智恵(無門集)     

 一円相は、禪の極みである。ただの円に過ぎないのだが、

そこには、日常の営為から広大な宇宙をも包含している。

一円相を見ただけでも、悟りの度合いが解るとされている。

下五の〈中は空〉は、まさに虚の世界ではあるが質量の高い

虚空のエネルギーがある。

 

終わりとは次の始まり草の花     桝村節子(山紫集)

 

空蝉になほ一弾指ほどの息      鈴木千鶴(山紫集)

 

めいめいの部屋の扉を閉め夜長    伊藤伯子(山紫集)

 


               * * *

 

龍門集

バイブルのように白桃置いてある     鈴木紀子

観音と響きあふかな露の玉        森壽賀子

 

無門集

稲雀夜は駅前一等地           盒欣子

刺こそは生命なりけり笑う栗       依田壽子

虚構でも虚飾でもなし鉦叩き       浅野都

この位置を守り継ぎます思草       大滝徳美

 

山紫集

水中の深くは触れずげんごろう      宮城留美子

今までは仮の姿の露の玉         吉野日出美

猫じゃらし全部揺れてるわけじゃない   若山一美

大木に絡みつきたる大南瓜        石割ふじ子

いっさいを語らず仕舞ひ草の花      猪熊みね子

枝幹を支へし根元身に入むや       小眄子

鳥渡るローマングラスのとほき蒼     金子和美

草の根の握手広げる鰯雲         小金平佳代

自転車の空気満タン水澄めり       齋院志津子

黙礼だけで立ち去る人に月天心      篠原葦

芋の露いばらの棘へイエス歩む      渋谷芳夫

時々は花弁閉じたい水中花        嶋野靖子

空席を探しきれない虫時雨        島村治子

大袈裟な身ぶり手ぶりの団扇かな     下田純子

浄瑠璃の鏡芋虫見せられる        白戸麻奈

後退りできぬ構への飛蝗かな       土田淳孝

どこまでもコスモス不発弾に注意     長島千恵子

血管の行方見ている夜の長し       藤倉忍

圧巻な暮らし方です草の花        藤澤晴美

 

新星集

媚びを売るわけじゃないけど赤とんぼ   城口弘子

落人の裔やも知れず蕎麦の花       辻野喜久

(「紫」2019年12月号・NO.907号より)

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.12.02 Monday 14:03

「紫」2019年12月号・1

「紫」2019年12月号 

 

龍門集より

汚染水のタンクは棘や天高し     山崎十生
色変へぬ松に御籤を結びけり

白露のどこも入り口出口かな



明るいねあの世の螢かもしれぬ    渡辺まさる

八月の街は黒い傘ばかり

 

消去キー押すや一面蜻蛉の空     鈴木紀子

バイブルのように白桃置いてある


水のような風のような花を摘むかな  関口晃代 

もくもくと山の思想を浴びてくる

 

新涼といふ大いなる貢ぎもの      若林波留美 
あらたなる夜空ひろがり花火果つ

 

観音と響きあふかな露の玉         森壽賀子
桔梗や血は爭へぬものならむ  

(腥し なまぐさし)

 

(「紫」2019年12月号・NO.907号より)

 

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.11.04 Monday 12:26

「紫」2019年11月号・2

「紫」2019年11月号

大道無門(「紫」11月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

炎天を行くのっぺらぼうの群れ    後藤宣代(無門集) 

 あまりの暑さに気を失ってしまいそうになる。

ふだんは、精気に満ち満ちた表情で街を歩いているのだが、

まるで無表情ののっぺらぼうよろしく、人間が歩いている。

歩いていると言うよりも漂っているかの如く炎天下を

彷徨っている。幻想的な一句となった。

 

終戦日忘れ上手な人ばかり      椎名和夫(山紫集)     

 

ほんたうは沈んでゐたい浮いて来い  渡辺智恵(無門集)

 「浮いて来い」という季語には、単に水に浮かべるだけの

玩具もあるが、筒に沈めて浮いたり沈んだりする方が趣がある。

本来は、浮いてこそ使命を達成する。しかし、浮きたくないと

思うのも一理ある。それは、玩具に限らず人間の生き方にも

通底しよう。

 

端居して壁を一枚づつ剥がす     森壽賀子(龍門集)

 

香水をつけて手紙の封開く      一井千恵子(新星集)

 


               * * *

 

龍門集

しかばねとなってもやまぬ蟬の聲     渡辺まさる

列島に三たびの被曝秋暑し        若林波留美

 

無門集

鏡台の香水のこと触れもせず       小林邦子

空までも食ひ込むやうに土用波      斉藤順

万緑や途切れとぎれの川と逢ふ      斎藤久子

多く知り多く語ろう終戦日        盒欣子

無欲ほど阿吽の呼吸土用波        藤井とし子

天衣無縫の先の芒原           村木友光

膝を抱く他に術なしひろしま忌      山田都詩

灯籠の触れ合いながら呼びながら     浅野都

受け皿はかくもありしか御来光      大滝徳美

 

山紫集

猫じゃらし全員一致といふ恐怖      宮城留美子

朝顔や折り紙付きの種もらう       本宮珠江

高原の手作りベンチ星流る        吉野日出美

根の無きを気付かぬような瓶の薔薇    若山一美

線路まで神木の影涼新た         伊藤伯子

黙祷を終へてパラソル開きをり      猪熊みね子

黙祷の一分間を蟬時雨          久下晴美

無心なる蝉の声なり永平寺        国田育子

涼風や白川郷の梁百年          国松洋子

忘れたけれど忘れていない雲の峰     篠原葦

海を割り昇る龍にも雲の峰        渋谷芳夫

星たちと交信したき草の露        原田寿美

 

新星集

香水の瓶の逆さのシルエット       宮澤順子

水槽の出目金見つめ見つめらる      大庭英雄

多分きっと正解はない豆叩く       鈴木淑子

山小屋の書棚ヨットの本二冊       盒局匯

 

(「紫」2019年11月号・NO.906号より)

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.11.01 Friday 11:55

「紫」2019年11月号・1

「紫」2019年11月号 

 

龍門集より

無一文こそは至上の昼寝かな     山崎十生
無力にはあらず無の力ハンモック

汗を掻き天然氷削りをり



無茶苦茶という茶をすする猛暑    渡辺まさる

北斎の大浪のごと雲の峰

 

夏蝶と息合ってをり白昼夢      鈴木紀子

きのこ雲知る木知らぬ木油照り


真白のカーテン揺れる湖の朝焼け   関口晃代 

朝焼けの湖におそわれている枕

 

父の骨母の骨掘る焼けし指       若林波留美 
いのちある限り水乞ふひろしま忌

 

端居して壁を一枚づつ剥がす          森壽賀子
無疵なる白桃なれば腥し      

(腥し なまぐさし)

 

(「紫」2019年11月号・NO.906号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.10.21 Monday 19:38

「紫」2019年10月号・2

「紫」2019年10月号

大道無門(「紫」10月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

髪洗いつつ作戦を練っている     福島ときみ(無門集) 

 

尺蠖の成し遂げやうとする一歩    浅野都(無門集)     

 あの独特の動き方をする尺蠖虫でさえも、

はじめの一歩には、相当な覚悟と事精神力を求められる。

それは、尺蠖虫だけに限らず人間に於いても、同じ様なことが

言える。身を山なりにして踏み出そうとする一歩に

己自身をかけているのだと思える。

 

同門であったかほうたると私     金子和美(山紫集)

 

丸く収まり青花の鉢に冷奴      小林邦子(無門集)

 

メモ書きに汗が滲んでをりにけり   岡嶋澄子(無門集)

 何のメモ書きだかは解からない。急を要するメモなのかも知れない。

本人ではなく、他者の場合、身近な夫とすると買い物を頼まれての

メモということも考えられる。慣れない買い物だから、

緊張して汗を掻いている景とも取れる。急を要するメモなら

一層のことである。


               * * *

 

龍門集

いのちとは谷間の白き百合の花      渡辺まさる

なめくじり通ったあとの深轍       鈴木紀子

沈黙の万緑こそはおそろしい       関口晃代

 

無門集

噴水の吹き上げる刻邪念なし       小林敏子

古民家の孑孒すこぶる嬉々として     斉藤順

失ひし大きさを知る遠花火        斎藤久子

神官の大きな鍵や山開き         盒欣子

桐の花空は誰にも犯されず        福井ちゑ子

末っ子はそつなく生きるラムネ玉     村木友光

蜘蛛の囲の真ん真ん中という孤独     渡辺智恵

秘めごとの一つや二つ水中花       稲葉明日香

いちはつはすでに夜明けを告ぐ構へ    大滝徳美

 

山紫集

真っ直ぐにしか物言えぬ水羊羹      本宮珠江

攻めと守りぐんぐん伸びる夏の草     若山一美

はつらつと水切るあごの行き処      池田惠

夕焼や犬のうしろをついて行く      伊藤伯子

カルピスの水玉模様梅雨明けだ      国松洋子

太陽がいっぱいの甕蓮ひらく       篠田日織

蚊とんぼやピッチャーひとり熱視線    篠原葦

急いでも変わらぬ距離を急ぐ蟻      嶋野靖子

梅雨滂沱天水桶の不動なり        鈴木千鶴

水母にもあらがふ意志のありにけり    土田淳孝

失恋は羽化の前ぶれ浮いてこい      藤沢晴美

 

新星集

もてなしは竹の器と青田風        辻野喜久

冷奴柔に見ゆとも侮るな         城口弘子

さよならの今がしほどき古団扇      鈴木淑子

 

 

(「紫」2019年10月号・NO.905号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.10.07 Monday 19:34

「紫」2019年10月号・1

「紫」2019年10月号 

 

龍門集より

傾れ来る緑に胸を反らすのみ     山崎十生
神経を張り巡らせし泉かな

したたりが経穴(つぼ)を見事に捉へたる



梅雨という風土もありぬミッキーマウス 渡辺まさる

光らねばならぬ宿命初ほたる

 

なめくじり通ったあとの深轍     鈴木紀子

説得の仕方いろいろ梅雨長し


万緑へ常世の光集まり来       関口晃代 

揺れて居るのが本望の万緑

 

むさし野の地を持ちあぐ夏柳      若林波留美 
卓袱台が学びのはじめ夏深む

 

こころざし高く持ちたる蝸牛          森壽賀子
空蝉のあふるる黙のおそろしき      

 

(「紫」2019年10月号・NO.905号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.09.09 Monday 15:10

「紫」2019年9月号・2

「紫」2019年9月号

大道無門(「紫」9月号抄 ベスト5&佳句)    

山崎十生 選・評
 

六月十日修正液がなくなった     小林邦子(無門集) 

 六月十日の代表的な記念日は「時の記念日」である。

他にも、さまざまな日があるが、現時点では、

「時の記念日」以上の詩的エネルギーを発揮する記念日はない。

二句一章の典型として見事としか言いようがない。

単なる修正液にとどまらず、千変万化の含みがある。

 

つつましく装ひし薔薇の反抗     斉藤順(無門集)     

 

蜘蛛の糸見つかる時を待っている   本宮珠江(山紫集)

 蜘蛛にとって、自分自身が苦労して作ったものを

取り払われるのは不本意であろう。一方では、

蜘蛛の糸だらけの屋内、あるいは、かくれんぼをしていて、

早く見つけて欲しいという読みも成立する。

この書かれたとおりに受容するのではなく逆説的に

読むのも一興。

 

風鈴が風を鎮めてゐたりけり     渡辺智恵(無門集)

 

羅の袖を通して羽化始む       辻野喜久(新星集)

 


               * * *

 

龍門集

白桃を剥けばどこにも隙がない      渡辺まさる

茅の輪くぐり生まれ変はれるならば風   鈴木紀子

後もどり出来ぬかなしみ水馬       森壽賀子

 

無門集

ほどほどといふキーワード苔青し     木村成美

薔薇五本挿して始まるティータイム    島田良江

足に合ふ靴をください多佳子の忌     山加津子

こつこつとこつこつこつと白い靴     依田壽子

共に置くスポーツバッグ夏木立      浅野都

柿若葉ひかりと等価なりしかな      新井富江

人生の縮図あれこれ大花火        大滝徳美

 

山紫集

結論はまず夏みかんむいてから      宮城留美子

潔く跳ぶも人生青蛙           吉野日出美

着信の音と光の蚊帳の中         若山一美

水面を凹ませ進むあめんぼう       石割ふじ子

水平を保ち十薬蔓延れり         猪熊みね子

木下闇わたしに返る深呼吸        小田島洋子

戦はぬことが信条草を引く        金子和美

隠れ吸うゴールデンバットや桜桃忌    神尾久雄

溜め息の数は数へず金魚玉        久下晴美

そうですね曖昧もよし花十字       齋院志津子

三代に仕へし妻の更衣          椎名和夫

白日傘人生初の牛丼や          嶋野靖子

形代の紙一枚の重さかな         鈴木千鶴

空腹は断捨離に似て青葉風        長島千恵子

正論は本音にあらず心太         原博子

 

新星集

残されし本にメモあり額の花       鈴木淑子

一瞬の沈黙在りぬソーダ水        盒局匯

 

(「紫」2019年9月号・NO.904号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.09.01 Sunday 14:36

「紫」2019年9月号・1

「紫」2019年9月号 

 

龍門集より

五月闇胎児流されゆきし管      山崎十生
プラスチック食べる細胞雲の峰

遠雷やサンドバッグを叩きづめ



あの時のワタシ満身青あらし     渡辺まさる

沈黙が青葉しぐれとなりました

 

青葦原ざわざわ言葉生みはじむ    鈴木紀子

金輪際うしろは見ない蟇


めぐり来て森の言葉を享受する    関口晃代 

東洋の言葉あつまる大樹かな

 

退く波の隠せぬ朱色沖縄忌       若林波留美 
若葉光憲法十三条照らせ

 

万緑や精一杯の伸びをする           森壽賀子
水から生まれ水に還りし螢かな      

 

(「紫」2019年9月号・NO.904号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2019.08.19 Monday 14:29

「紫」2019年8月号・2

「紫」2019年8月号

大道無門(「紫」8月号抄)    山崎十生 選・評
 

出目金の天下無双の泳ぎかな     森壽賀子(龍門集) 

 かつて出目金を飼っていたことがあった。体が大きくなったので

広い水槽に替えた。それまでの小さな水槽とは違って泳いでいる姿も

一段と美しくなった。掲句の中七は、そのことを物語っていると同時に

出目金であるが故の独特な表情が印象を鮮明にさせている。

 

遠雷や湖底の家の平面図       山加津子(無門集)     

 ダムとなったために集落は湖底に沈んでしまったのである。

この家は、多分、集落の中でも大きな家であったのであろう。

小さな家では〈平面図〉も何もあったのもではない。昔で言うところの

庄屋クラスの邸宅であったと思われる。歴史を感じさせる一句である。

 

花殻をつむや憲法記念の日      盒欣子(無門集)

 

気がつけば負けて勝ってる冷奴    宮澤順子(新星集)

 

水洗ふやうに苺を洗ひけり      渡辺智恵(無門集)

 


               * * *

 

龍門集

風の縫目なぞって来たる岩燕        鈴木紀子

たくましき忘却録や菜種梅雨       若林波留美

 

無門集

一湾を絞りきるのか青嵐         かみのみずほ

餌をやる鳩が今ません憲法記念の日    小林邦子

行く先はまだ定めていない青嵐      鳥海美智子

廃校の百葉箱に雨蛙           村木友光

あまりにも人間らしい葱坊主       依田壽子

さうたうな熱の入れやう更衣       浅野都

掛け違ふぼたんの行方草を引く      大滝徳美

ライバルの減ってしまった鯉幟      岡嶋澄子

 

山紫集

つつがなく石になりきるまで朧      宮城留美子

生き様の語り尽くせぬ苔の花       石割ふじ子

神木を遠くに見つつ薫る風        伊藤伯子

蕾とて五感眠らぬ穀雨かな        上田洋子

飛魚は雲に乗るため空へ翔ぶ       内田幸彦

ここちよき距離感はかり風薫る      大塚美代子

 

忽せにしない言の葉あを柳        金子和美

語らずも水木の鼻の語りたる       国田育子

立ち止まることのこわくてソーダ水    齋院志津子

 

炎昼やアスファルトてふ獣道       篠原葦

横たわる猫の影踏む蟻の列        渋谷芳夫

白日傘前行く女の裾捌き         清水たまき

夏の海甦るため落ちゆく陽        鈴木浮葉

桐の花ポツンと我慢強くなる       土田淳孝

どの樹にも水の脈搏みどりさす      西本明未

羽化を待つ少女の肢体今朝の夏      仁村俊子

シャル・ウィ・ダンスアカシアの花に風  松林杏子

 

(「紫」2019年8月号・NO.903号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

 


2019.08.12 Monday 19:39

「紫」2019年8月号・1

「紫」2019年8月号 

 

龍門集より

長生きの秘訣のひとつサングラス   山崎十生
一滴の雨に乾坤桜桃忌

友釣りの鮎の傷みを誰ぞ知る



平成の終り口笛よく鳴らぬ      渡辺まさる

新緑へ深く分け入るミステリー

 

めつむれば麦秋見ひらけば令和    鈴木紀子

貝塚は時間のかたち梅雨間近


令和元年「紫」九〇〇号乾杯す    関口晃代 

紫九〇〇号歳月遠くなり近くなる

 

そくばくの反りが励まし太刀飾り    若林波留美 
もののふの影のしづけさ濃山吹 

 

出目金の天下無双の泳ぎかな          森壽賀子
後戻り出来ぬかなしみ蝸牛     

 

(「紫」2019年8月号・NO.903号より)

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


<<new | 2 / 19pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.