2017.08.01 Tuesday 10:35

第27回彩の国ベガ俳句大会

去る7月29日、埼玉県川口市の川口総合文化センター・リリアにおいて、

埼玉県芸術文化祭2017協賛事業・第27回彩の国ベガ俳句大会が開催されました。

参加者は100名近くの盛会でした。

 

当日の講演は、松本から遠路、「岳」主宰で

現代俳句協会会長でもある宮坂静生氏においで頂きました。

 

「魅力ある俳句」について、

ご自身の俳句体験を経糸に、

戦後俳句の大きな流れを緯糸に、

具体的な例句も交えてのご講演は、

時に笑いも交えて大変わかりやすく、

あっという間に時間が過ぎてしまいました。

時間が許せばもっともっと教えていただきたい、

という思いに会場は満たされていました。

 

宮坂静生

ご講演の宮坂静生先生

 

 

 

*兼題入賞作品

 

埼玉県知事賞

脱いでも脱いでも噴水のままである   森壽賀子(紫)

 

埼玉県教育委員会教育長賞

風光る子に初めての背番号       出口良人

 

さいたま芸術文化祭実行委員会会長賞

花は葉にどの夕暮れを歩こうか     鈴木紀子(紫)

 

さいたま芸術文化祭実行委員会奨励賞

チューリップ中に入っていいですか  森田重子

啓蟄や地球に刺さるビルの数      宮本豊子

戦争は抜き足で来るはたた神      小金平佳代(紫)

 

埼玉県文化団体連合会会長賞

わたくしを少し抜け出すサングラス   小林敏子(紫)

 

川口総合文化センター・リリア館長賞

行間に水打ってより逢ひに行く     山田都詩(紫)

 

埼玉県現代俳句協会会長賞

鉛筆で画く風の音聖五月        稲葉明日香(紫)

 

埼玉県俳句連盟会長賞

片蔭を引っぱって行くトレーラー    柏木晃

 

ベガ

 

*当日席題入賞作品より

(席題「動」)

 

神代から動かぬ巨石雲の峰    鳥海美智子(紫)

動いても動かなくても汗をかく  盒欣子(紫)

賛美歌に仮死のぶんぶん動き出す 寺内佶

一村のこぞりて動く祭囃子    小山八寿子

夕蟬は海鳴りに似て闇動く    越川ミトミ

炎昼や火焔に坐せる不動尊    出口良人

動揺を隠し通せぬサングラス   吉野日出美(紫)

 

 

次回第28回ベガ俳句大会は、

2018年7月29日(日)、同会場での予定です。

会派を越えて俳句に触れ合う貴重な一日です。

来年もまた多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 

 

 


2017.05.29 Monday 09:39

第13回 彩の国秩父俳句大会

去る5月27日(土)、第13回彩の国秩父俳句大会が行われました。
事前の兼題句は534句、当日も70名ほどの参加を得て
熱気あふれる大会となりました。

前半は「炎環」同人の若き俳人田島健一先生による兼題句の丁寧で和やかな講評、
後半の当日席題での1句句会では、選者の先生全員より特選句の選評を頂きました。
前日までの雨も上がり、俳句を愛する仲間が集い、充実した大会となりました。

来年も多くの方のご参加をお待ちしています。

会場の様子

左より挨拶をする山十生紫主宰

講師・田島健一先生

来賓・久喜邦康秩父市長、新谷喜之秩父市教育長
秩父大会
 

兼題の部 入賞者

埼玉県知事賞 
一村を大空に乗せ田水張る      宮城留美子

埼玉県教育委員会教育長賞 
光にも風にもなりし遍路かな     新井知子

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞 
花種を蒔く先生を囲みけり      人見正

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
リラの花すぐ昼になる日曜日     原博子

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
大枯木どこからみても真正面     澤田乃芙子

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
佐保姫も客となりたる縄電車     坂本ひさ子

埼玉県文化団体連合会会長賞
しやぼん玉風に抱かれて風になる   森壽賀子

秩父市長賞
旅たのし陽炎までの切符買ふ     宮本豊子

秩父市教育委員会教育長賞
陽炎の向かうにありぬ着地点     眈省厳

秩父観光協会会長賞
春光になって少年ペダル漕ぐ     柏木晃

 

 


秩父大会
ご講評中の田島健一先生


席題の部 (題「手」)

秩父市長賞
手のひらの天道虫に紋所     久下晴美

秩父市教育長賞
ちょっとだけみんな身勝手燕の子 小室誠

秩父観光協会会長賞
秩父いま君の手にありつばくらめ 今野龍二

 

(1位入賞山十生主宰ご辞退

 句「手抜きなどなき全山のしたたれり」)

 

 

秩父大会

当日選者の先生方

 


2017.05.01 Monday 11:36

埼玉県俳句連盟春季俳句大会

埼玉県俳句連盟春季俳句大会

 

毎年恒例となった昭和の日の4月29日、

桶川市のさいたま文学館に於いて

平成29年埼玉県俳句連盟春季俳句大会が開催されました。
当日は第56回埼玉俳句賞の表彰や「都市」主宰中西夕紀氏先生の

「藤田湘子の初期の句について」と題する講演も行われました。

埼玉俳連総会

 

第56回埼玉俳句賞
正賞
星月夜         小林美峰

準賞
眠るまで        金子和美

 

 

 

中西夕紀
公演の中西夕紀先生

 

藤田湘子を直接知る中西先生のご講演は、

句の誕生の裏話など、なかなか他では伺えない話なども盛り込み、

ご研究の精華を大変わかりやすくお話しくださり、

連続講座としてぜひ続きを聞きたいと思わせる素晴らしいご講演でした。




事前兼題句入賞作品より

埼玉県知事賞
しばらくは花守となる駐在所     半谷比奈子

埼玉県教育長賞
生きてゐる限りは戦後蜆汁      古郡孝之

チョーク折り角張る文字や新教師   武井猛

一羽翔ち百の羽音となりし鴨     高橋裕子

飢えもなく戦火もあらず青き踏む   小山敏男

象の鼻くるりと春を巻き込みぬ    石黒茂

表札に犬の名もあり桜東風      田中純美


当日席題高点句抄(順不同)

新緑の風映るまで鎌を研ぐ      羽鳥たま江
石一つ置きて田の神風光る      古郡孝之

春雲に触れたくて乗る観覧車     五明昇

大安も仏滅もなく鳥の恋       増田信雄
葉桜やまだ学んでる金治郎      折原野歩留

武蔵野の風は気まぐれ鯉のぼり    廣瀬雅男

 

 


2017.04.18 Tuesday 13:23

平成29年度紫全国俳句大会

平成29年度 紫全国俳句大会

 

4月14日(金)川口リリアにおいて、

平成29年度紫全国俳句大会が行われました。

ゲストに「絵空」同人の土肥あき子先生をお迎えし、

第64回紫賞の授与式、全国俳句大会の表彰・講評、

その後懇親パーティーがなごやかに行われました。

 

ベガ

 

紫賞は、

新鋭としての作品に期待できる同人(年齢不問)に贈られる「新鋭賞」、

同人として顕著な作品活動をした方に贈られる「山紫賞」、

「紫」の中軸として活躍できる方に贈られる「作品賞」があります。
 

今年の各受賞者は以下の通りです。
 

作品賞 後藤宣代 田中のぼる 渡辺智恵

山紫賞 久下晴美 小林弘恵 島村治子 西本明未

新鋭賞 大塚さち子 白戸麻奈 高橋亜紀彦 豊永裕美 山口洋子
 

ベガ
 主宰・副主宰・参与・土肥あき子先生と紫賞受賞の皆さん

 

 


平成29年度紫全国俳句大会の入賞作品は以下の通りです。

 

土肥あき子先生特選   
70億片のジグソーパズル春よ来い   山加津子


山崎十生主宰特選   
白鳥の星になりゆく息遣ひ      稲葉明日香


若林波留美副主宰特選 
うりずんや島に信号機がひとつ    渡辺智恵

 

鈴木紀子参与特選

一筆書の線は何処まで青き踏む    上田洋子


ベガ 土肥あき子
講評をする土肥あき子先生

 


入選作品から


雪をんな素顔は空に置いてある   折原野歩留

人間の形なくなる日向ぼこ     国松洋子

春愁や封を切ろうか切るまいか   新井富江

下萌えて大きな空を受け容れる   篠田日織

混沌の深きは揺れず紙を漉く    宮城留美子

春の宵ふと騙し絵の中に入る    辻野喜久

空っぽに重さありけり柳絮飛ぶ   藤澤晴美

完璧な自由と孤独霜柱       藤井とし子

薄氷や割られてあれがふことを知る かみのみずほ





 

 


2016.10.14 Friday 09:15

埼玉県現代俳句協会 吟行会

10月10日(体育の日)、

第14回埼玉県現代俳句協会の吟行俳句大会が開催され、

役員の杉本氏よりご報告いただきました。

 

**************************

 

当日は、曇天であったが、別所沼公園での吟行会に

桑原会長、山崎副会長、関田副会長以下89名の参加

を集め、開催された。

秋の別所沼は静かに風景を映し、釣人は餌をつけ、釣

り竿を投げ入れることを繰り返していた。沼の周囲を

ランニングするランナーは後を絶たず、体育の日を楽

しんでいた。

大会は、一人2句出句で、盛況の内に幕を閉じた。

当日の上位句は次の通り。(敬称略)

 

さいたま市長賞

釣人は景色のひとつ沼の秋    長澤 健次

 

さいたま市議会議長賞

魚にも鳥にもなれず沼の秋    折原 野歩留

 

さいたま市教育委員会教育長賞

銀杏を踏んで足から覚めてくる  金子 功

 

埼玉県俳句連盟会長賞

手の平に親指の影鳥渡る     岡田 一夫

 

埼玉文藝家教会会長賞

踏むという罪もありけり銀杏の実 新村 長門

 

埼玉県現代俳句協会会長賞

秋の水何人映しても孤独     藤倉 忍 

    

                (杉本 記)

 

 

紫関係入賞者

 

娑婆気は無尽蔵なり鰯雲      大平寿江

秋天にかな女の句碑は不動なり   鳥海美智子

星ひとつ沈めて沼の水澄めり    森壽賀子

 

 

銀杏

 



 


2016.08.02 Tuesday 09:35

第26回彩の国ベガ俳句大会

去る7月30日、埼玉県川口市の川口総合文化センター・リリアにおいて、

埼玉県芸術文化祭2016協賛事業・第26回彩の国ベガ俳句大会が開催されました。

 

当日は俳人の堀本裕樹氏を講師に迎え、

今年没後20年となる渥美清の、俳人「風天」としての一面を、

作品を通して、役柄の寅さんとも重ねつつご講演いただきました。

 

参加者は今年も90名を上回る盛会となりました。

 

 ベガ

当日の会場の様子

 

 

堀本裕樹

ご講演の堀本裕樹先生

 

 

 

*兼題入賞作品

 

埼玉県知事賞

いくたびも光にまぎれ揚雲雀      橋本永子

 

埼玉県教育委員会教育長賞

すぐ上の姉だけ美人星祭り       田邊則子(紫)

 

さいたま芸術文化祭実行委員会会長賞

人住まぬ町がふるさと初燕       若林水翁

 

さいたま芸術文化祭実行委員会奨励賞

田植機は雲を毀して進みけり      柏木晃

大仏がきれいとしゃぼん玉を吹く    寺内佶

細胞が蘇るまで青き踏む        島田良江(紫)

 

埼玉県文化団体連合会会長賞

万緑に包みきれないことのあり     寺山弘子(紫)

 

川口総合文化センター・リリア館長賞

生と死の一度きりなる蟬の穴      増田信雄

 

埼玉県現代俳句協会会長賞

生きいそぎ死にいそぎして花筏     鈴木良二

 

埼玉県俳句連盟会長賞

自由とは転がることや夏みかん     盒欣子(紫)

 

 

堀本裕樹

「紫」山十生主宰と講師の堀本裕樹先生

 

*当日席題入賞作品(上位10句)

(席題「台」)

 

長すぎる平均台や原爆忌      渡辺智恵(紫)

炎天下滑り台の子風になる     若山一美(紫)

寅さんの台詞が吃る日雷      奥山雷火

路地に涼み台あたり前がいい    山加津子(紫)

人の世に台本はなしところてん   寺内佶

砲台をみがき上げたる青岬     岡田淑子

かなかなや踏み台のある古本屋   伊藤伯子(紫)

台本をいきなり渡すはたた神    盒欣子(紫)

かっこうや眤罎砲△訃学校    松沢貞津

ふだん着に戻れるところすずみ台  平田かほる(紫)

 

 

 

 

 


2016.07.11 Monday 07:59

第38回埼玉俳句大会

平成28年7月3日、春日部市民文化会館に於いて

第38回埼玉俳句大会が開催されました。

梅雨の晴れ間の暑い一日でしたが、大勢の方が参加されました。

 

 

入賞作品

 

埼玉県知事賞

万緑に負けぬ力で手を握る       鳥海美智子(紫)

 

埼玉県教育委員会教育長賞

水馬我も地球も浮いてゐる      三山喜代

 

埼玉県芸術文化祭実行委員会長賞

白藤の揺れおりシャドウボクシング  田中美佐子

 

埼玉県芸術文化祭奨励賞

春うららフランスパンが歩き出す   藤井とし子(紫)

 

春日部市長賞

武蔵野は鍵のない空鳥帰る      河口俊江

 

春日部市芸術文化振興会理事長賞

おぼろ夜は宇宙の余白かもしれず   岡嶋澄子(紫)

 

埼玉県俳句連盟会長賞

屋根と火があれば暮らせるふきのとう 鈴木砂紅

 

埼玉県現代俳句協会長賞

春田打つ父に手を振る登校児     豊田いと

 

 

入選作品より(紫関係)

ハードルの向こうに夏の匂いかな   宮城留美子

春眠をむさぼつている不発弾     稲葉明日香

初蝶に無傷な空が待っている     折原野歩留

透明な光の轍つばくらめ       藤澤晴美

 

 

当日席題入賞句(紫関係)

木下闇黙って座れといふベンチ    岡嶋澄子

でで虫の速度が余生かも知れぬ    折原野歩留

残響を追うてゐるのか水馬      浅野都

麦秋の丘よりかける糸でんわ     福島ときみ

 

DSCN5721.jpg


2016.06.03 Friday 10:46

第12回 彩の国秩父俳句大会

去る5月28日(土)、第12回彩の国秩父俳句大会が行われました。
事前の兼題句はおよそ600句、当日も80名以上の参加を得て
熱気あふれる大会となりました。

前半は「ににん」代表の岩淵喜代子先生による兼題句の丁寧な講評、
後半の当日席題での1句句会では、選者の先生全員より特選句の選評を頂きました。
お天気にも恵まれ、俳句を愛する仲間が集い、充実した大会となりました。

来年も多くの方のご参加をお待ちしています。

今年も大盛況の会場 ありがとうございました!
秩父大会
 
兼題の部 入賞者

埼玉県知事賞 
姉の手は農具の一つ山笑う      鏑川太郎

埼玉県教育委員会教育長賞 
秩父嶺の影を鋤き込む耕耘機     人見 正

埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞 
ひとりでは風になれない青芒     村木友光

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
揚雲雀空に無限の深さあり      斎藤 勲

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
眴せも一つの言葉春いちご      宮城留美子

埼玉県芸術文化祭実行委員会奨励賞
さくらさくら指紋なくしてしまひけり 山加津子

埼玉県文化団体連合会会長賞
凧吊って青空も売るなんでも屋    折原野歩留

秩父市長賞
春愁や鏡の中のもうひとり      平田かほる

秩父市教育委員会教育長賞
生きてみたり死んでみたりする陽炎  田邊則子

秩父観光協会会長賞
子の絵馬を高きに結ぶ花曇り     菅 武夫

岩淵喜代子
ご講評中の岩淵喜代子先生


席題の部 (題「石」)

秩父市長賞
石畳より夏蝶の生まれけり    村田軍司

秩父市教育長賞
水底の石に何問ふあめんばう   斉藤久子

秩父観光協会会長賞
半夏生胸にひとつの石つぶて   金子和美

2016.05.24 Tuesday 15:43

第12回彩の国秩父俳句大会のお知らせ 

第12回彩の国秩父俳句大会

本大会は、埼玉県を代表する観光地で、
祭りと神の郷でもある「秩父」に集い、
俳句を作り、楽しむと共に、交流を深める俳句大会です。
どなたでもご参加頂けます。
どうぞお気軽においでください。

*事前作品募集は締め切りましたが、当日席題句があります
*埼玉県芸術文化祭2016協賛事業


日時   平成28年5月28日(土)
     受付 10時30分
     開会  1時 、閉会 4時(予定)


会場   秩父神社参集殿(秩父市番場町1−1)
     電話0494−22−0262
     秩父鉄道秩父駅下車徒歩3分
     西武鉄道西武秩父駅徒歩10分


会費   1000円


兼題講評   岩淵喜代子先生(ににん・代表)

当日席題   出題1句 12時締切


入賞     秩父市長賞ほか20位くらいまで


主催     第12回彩の国秩父俳句大会実行委員会
       紫の会


*当日は軽食をご用意致します。
 出席される方は事前にご連絡頂きますようお願いいたします。



秩父俳句大会
昨年の様子
こちらからもご覧頂けます)
 

昨年の入賞句から(席題「一斉」)

一斉に飛び込むプール開きかな    石川春兎
いっせいに竿ふり鮎の解禁日     菊田一平
いっせいに息抜き落ちるを滝といふ  かみのみずほ


出席連絡・お問合せ 紫の会

 

2016.05.03 Tuesday 19:39

埼玉県俳句連盟春季俳句大会

4月29日、桶川市のさいたま文学館に於いて
平成28年埼玉県俳句連盟春季俳句大会が開催されました。
当日は仁平勝氏の俳句の『芸』という視点での講演や、
第55回埼玉俳句賞も発表されました。

第55回埼玉俳句賞
正賞
北緯45度        龍野 龍

準賞
屋根の傾斜       田中美佐子
古代蓮の里       大久保昇


兼題句入賞作品より

埼玉県知事賞
吊り橋を引つ張りあつて山笑ふ    川岸健次

埼玉県教育長賞
たんぽぽや風は地球の深呼吸     大久保昇

けん玉のこつんと止まる春隣     新井秋沙
非凡にも凡にもあらず葱坊主     半谷比奈子
振り向かぬ子を見送って春の雪    宮本豐子


当日高点句抄(順不同)

筑波嶺の稜線はるか麦は穂に     羽鳥たま江
孤独より這い出る蛇の歓喜かな    奥山雷火
活断層起こさぬやうに野蒜掘る    五明 昇
その先は介護ロボット亀鳴けり    正能秀子
筑波嶺の影をくづさず田水張る    山口みどり
村中の植田をつなぐ水の音      川岸健次
選ばれし市松模様夏はじめ      龍野 龍
あるがまま生きる他なし昭和の日   岩淵 滋

バードコール

 

<<new | 2 / 5pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.