2020.04.08 Wednesday 09:19

俳句らいふ

俳句らいふ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句らいふ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(?)山主宰の評は

聴く価値・大です。

新年度も変わらず放送中!ぜひお聴き下さい!!

 

4月8日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

*最近の句会から

残念ながら人に生まれて青き踏む 邦子

(紫句楽会2月特選句)

 うれしいと言うことの裏返しの表現

 

松籟や炊(かし)ぎの煙外は雪  明日香

(紫秩父句会2月特選句)

 松籟(しょうらい)・・・ 松に吹く風、その音の意

 

見落としの画像診断冴返る 日出美

(紫土曜句会2月特選句)

 画像診断に対して恐ろしいものを感じたのを

 季語で代弁

 

*リスナーの投稿作品より

・インコならいつものところ春の星 ふくふくパンダ

 

・後ろめたい幸せもあり春の夜 みん

 ドラマ性がある。「春の夜」がイメージを喚起

 

・春の山クリームパンのような雲 パンプキン

 「春の山」が生きている

 

*今週の十生一句

「海はなく空が海底山笑う」 マーガレット

空が海の底と捉えたところの視点のよさ

 

*今週の俳句ポイント!

 

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 春の句に加えて夏のもどうぞ。

 夏の兼題 「蛍」「蓮」「虹」

 

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

*4月25〜30日 さいたま文学館に於いて

「山十生俳句展」が開催されます。

 詳しくはこちら

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.04.06 Monday 15:09

「紫」2020年4月号・1

「紫」2020年4月号 

 

龍門集より

湯たんぽも我れを頼りにしてゐたり  山崎十生
鏡餅水平線と同じ位置

灯明を点け七種を祝ひけり



能楽堂スピルバーグの宇宙船     渡辺まさる

サイレンが鳴ります今年終わります

 

またぞろの安全神話霜柱       鈴木紀子

来し方や旅愁のやうに海鼠噛む


これやこの朱の盃のめでたさよ    関口晃代 

しみじみとほろほろと屠蘇の膳

 

結界の竹ゆらぎける初茜       若林波留美 
木簡の起筆まろやか初日出づ

 

一途さが取り柄なのですかいつぶり  森壽賀子
転生のために浴びたる寒月光

 

 

(「紫」2020年4月号・NO.911号より)

 

 

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

(受付時間  9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間受付:返信には時間のかかることがあります)


2020.04.03 Friday 16:43

重要なお知らせ

重要なお知らせ

 

4月22日に予定されていました「紫全国俳句大会」は

新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となりました。

 

お知り合いにご連絡できましたらお願いします。

一日も早い事態の収束を願ってやみません。

お元気でお目にかかれる日を楽しみにしています。

 

 


2020.04.01 Wednesday 09:34

俳句らいふ

俳句らいふ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句らいふ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(?)山主宰の評は

聴く価値・大です。

新年度も変わらず放送中!ぜひお聴き下さい!!

 

4月1日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

*最近の句会から

割り切れぬ余りも答え麦青む 順子

(紫川口句会2月特選句)

 割り切れない余りはどちらかというと重要でない感じも

 本当は余りが大事、余りを甘く見てはいけない

 視点を変えたところがよろしかった

 割り切れてしまえばそれで済んでしまう

 残ったものがひとつの鍵

 人生においてもそのようなことが言える

 

水平線信じていない黄水仙  智恵

(紫さいたま句会2月特選句)

 水平線を人間が信じていない二句一章と、

 黄水仙が信じていない一句一章の読みがあるが

 詩としてのレベル的に一句一章で読みたい。

 

水温み何も起こらないのが恐い 壽賀子

(紫さくら草句会2月特選句)

 逆説的に見ておもしろい表現

 何か突如としておきそうな予見

 

*リスナーの投稿作品より

・払暁の八千草に華霜の花 鵜澤利朗

 この場合の八千草はさまざまな花の意で季語ととらない。

 

・クロッカス今日も出れない歩けない ありんこジャム

 クロッカスを借りて自身、または他者を表現している。

 心象的な面もある。

 

*今週の十生一句

どの木からともなく匂う夜の梅 和乃宮

 非常に雰囲気がいい。

 見えないけれど美しい。贅沢な気分。

 

*今週の俳句ポイント!

感動がなければならない。

自分の中に感動がないと相手も感動しない。

 

*番組ではみなさんからの作品募集しています。

 春の句に加えて夏のもどうぞ。

 夏の兼題 「蛍」「蓮」「虹」

 

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

*4月25〜30日 さいたま文学館に於いて

「山十生俳句展」が開催されます。

 詳しくはこちら

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.03.30 Monday 17:09

句会のご案内

2020年4月の句会予定 

 

*今月は新型コロナウイルス拡散防止のため

 休会や通信句会として開催など変更が多くなっています。
 はじめてのかたは個別にお問合せの上ご参加下さい。

 

お問合せ:「紫の会」 

 

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 受付時間 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間受付:返信には時間のかかることがあります)

 


2020.03.27 Friday 16:05

現代俳句50則

関口比良男・現代俳句五十則 32

 

雑談はなるべく句会が終わってからにせよ。

 

 

 


2020.03.25 Wednesday 09:30

俳句らいふ

俳句らいふ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句らいふ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

3月25日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

天 淡き色こそ濃き香り梅の花                 和宮

地 涅槃西風(ねはんにし)贔屓の文字に貝四つ 承知の助

人 冬将軍歌垣(かがい)の峰の響(とよむ)なり 鵜澤利朗
   

リスナーの投稿作品より

・案外に高く飛びたる蝶々か 真鏡花

 「予想に反して高く飛んだ景。

  『大空に』などではおもしろくない

  ちょっとクッションを置く。

  『案外に』が生きている。」

 

・正直に窓を開けませんかうらら マーガレット

 「心の窓ということもある。

  精神的な意味合いもある。訴えるものがある。」

 

・気まぐれにあらず一途な空っ風 ポイントゲッター

 「空っ風というものをどういうものと捉えるか。

  概念を壊す。俳句のひとつの技。」

 

・雪下ろしお助け隊の御一行 あっぱれ

 「助けてくれる人たちへの感謝。」

 

 番組ではみなさんからの作品募集しています。

 春の兼題 「春の夜」「しゃぼん玉」「蝶」「すみれ」

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

4月25〜30日 さいたま文学館に於いて

「山十生俳句展」が開催されます。

 詳しくはこちら

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホでは「リスラジ」、タブレットでは「位置ラジ」

 PCでは「サイマルラジオ」など、インターネットでも聴けます)

 

FM KAWAGUCHI logo


2020.03.23 Monday 16:46

紫さいたま句会

紫さいたま句会

 

「紫」の二つある本部例会のうちのひとつ。 
毎月第二土曜日、武蔵浦和コミュニティーセンター

        /サウスピア8階
(JR埼京線武蔵浦和駅西口徒歩二分)で
午後1時から4時30分に開催しています。
各自自由題で3句出句・8句選。会費1,000円。

 

山十生主宰作品

助走など必要もなき蛙かな  十生


山崎十生主宰選

天 腹筋を使ってをりぬ蘆の角  紀子 
地 QRコード陽炎の集合体    智恵
人 風任せ割れて開眼シャボン玉 順子
 

秀逸

  フクシマはいつふくしまに原発忌 友光

  風光る配偶者欄「なし」に○   和美

  何もないなんにもないが春岬   まさる

 

渡辺まさる編集長選

天 花ミモザ水晶体を替えました   ときみ

地 QRコード陽炎の集合体       智恵

 

鈴木紀子参与選

天 誰だって世界にひとり蝶ひらひら 和美

地 心臓の潤って行くさくらの夜   伯子

 

2020年2月(通信句会)

 

 

 

お問合せ:

紫の会

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)


2020.03.20 Friday 16:48

山十生・俳句展のお知らせ

山十生・俳句展のお知らせ

「現代俳句への招待」

 

「紫」主宰で埼玉県現代俳句協会会長の

山十生俳句展「現代俳句への招待」が

さいたま文学館・桶川市民ホールギャラリーで開催されます。

入場は無料です。お誘い合わせの上ぜひご来場下さい。

 

日時 令和2年 4月25日(土)13:00〜17:00

         4月26日(日)10:00〜17:00

                       4月29日(水)10:00〜17:00

                       4月30日(木)10:00〜17:00

 

         

 

お問合せ:

「紫の会」

住所       〒332ー0015 川口市川口5ー11ー33

TEL/FAX   048-251-7923

E-mail

info@haiku-murasaki.jp

( 9:30-20:00 時間外の送信はご遠慮下さい)

 

「俳句スパイス」

 contact@haiku-murasaki.jp

( 24時間:返信には時間のかかることがあります)

 

 

 

 


2020.03.18 Wednesday 16:46

俳句らいふ

俳句らいふ

FM Kawaguchi で

紫主宰・山十生の「俳句らいふ」放送中です。

リスナーの方の俳句の紹介や

鑑賞のポイントや選評をお聞きいただけます。

通常の句会より丁寧めな(!)山主宰の評は

聴く価値・大です。

 

3月18日放送より

(表記は俳句スパイスによる)

 

天  薬局の名はキリン堂日脚伸ぶ  スフレ

地  寝息待ち息ひそめるや夜半の春 真鏡花

人  春の夜に遠き約束さよならを  のっち野田

   「を」で留めたのが効果的

 

リスナーの投稿作品より

・黒板は答を探す梨の花(ふくふくパンダ) 

 「黒板に」でなく「は」に着目。

 「梨の花」は無しにも通ず。

 

・荒海に打ち勝ちたるや冬の河(鵜澤利朗)

 芭蕉の「荒海や佐渡の横たふ天の川」を敷いて

 

・師走過ぎ私の心しゃぼん玉(女王かもしれない)

 「しゃぼん玉」は季語でなく

  心を表す象徴的な言葉として受ける

 

・黒人の青きセーター大江戸線(ツナ缶)

 

 番組ではみなさんからの作品募集しています。

 春の兼題 「春の夜」「しゃぼん玉」「蝶」「すみれ」

 

 題にこだわらず自由題でももちろんOK。

 山主宰の選評は作句の上でも大変勉強になりますよ!

 ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

4月25〜30日 さいたま文学館に於いて

「山十生俳句展」が開催されます。

詳細は今後俳句スパイスでお知らせします。

(文学館休館日を除く)

 

投句は FM Kawaguchi(FM川口)「俳句らいふ」宛

メール pg@fm856.co.jp

郵送  〒332-0006 川口市末広1−11−2

FAX  048(222)0857

twitter でもOK!

 

FM Kawaguchi  85.6 MHz

放送時間 水曜日 午前9時〜9時20分 

再放送  水曜日 午後7時〜7時20分 ←今日の夜です!!

(スマホ、タブレット、PCでは色々なアプリがありますので

 お気に入りを見つけてぜひお聞き下さい!)

 

FM KAWAGUCHI logo


<<new | 3 / 97pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.